ここから本文です

広島市国道2号線アクセス道路 「地元住民の悲願」双方向通行可能に

2/12(火) 19:30配信

テレビ新広島

広島ニュースTSS

広島市中心部のアクセスが向上します。広島市の平和大通りと国道2号線をつなぐ「比治山東雲線」の4車線化工事に向け、12日から一部の区間で双方向の通行が可能になりました。

広島市南区の比治山小学校前交差点。これまでは2号線から比治山トンネルへは一方通行でした。
【衣笠アナ
「まもなく片側一車線で双方向の通行が可能となります。再開発が行われた段原地区を通る道路で交通の利便性が高まります」
「比治山東雲線」は現在、道路の幅を広げる拡幅工事が行われていますが、正午におよそ550mの区間で一方通行規制が解除されました。
【広島市道路交通局街路課・岡田義成課長】
「この道路は長年の地元の住民の念願だったのでその第一歩が踏み出せて良かった。引き続き中央分離帯の工事を行うので注意して走行していただきたい」
「比治山東雲線」はこのあと順次、片側2車線にして、来月29日までに全ての区間で4車線通行が可能となります。

広島ニュースTSS

最終更新:2/12(火) 19:30
テレビ新広島

あなたにおすすめの記事