ここから本文です

イタリア副首相、財政赤字穴埋めに金準備活用は「興味深い案」

2/12(火) 3:03配信

ロイター

[ローマ 11日 ロイター] - イタリアのサルビーニ副首相は11日、財政赤字の穴埋めに金準備を活用するのは「興味深い案」になり得ると述べた。

これより先、ラ・スタンパ紙は、イタリア政府が、今年の財政赤字を抑制し、2020年の付加価値増税を回避するために、金準備の一部を使うことを検討していると伝えた。金準備は、中銀が保有している。

右派政党「同盟」の党首でもあるサルビーニ副首相は、金準備活用の可能性に関する記者団の質問に「自分がフォローしている問題ではないが、興味深い案かもしれない」と述べた。

過去にもイタリア政府が財政不足を補填するために金準備の一部売却などを試みたことがあるが、中銀の独立性侵害や財政ルール違反になるとして欧州当局から阻止されていた。

連立政権を構成する「同盟」とポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」の各党首は9日、銀行破たんを食い止められなかった責任をとらなければならないとし、中銀の幹部を交代させる方針を示していた。

チェンティナイオ農相は11日、ラジオのインタビューで、金準備活用説を否定。「閣議、その他の政策会合で、中銀の金に手を付けるといった話は聞いていない」と語った。

ワールド・ゴールド・カウンシルによると、イタリアは、米国、ドイツに次ぐ世界3位の金保有国。

最終更新:2/12(火) 3:08
ロイター

あなたにおすすめの記事