ここから本文です

F1新車”雑感”解説:ルノーR.S.19……気になるリヤサスペンションの処理

2/12(火) 21:55配信

motorsport.com 日本版

 ルノーは、2019年用のニューマシンR.S.19を公開した。昨シーズン、コンストラクターズランキング4位へと躍進したルノーは、ワークス体制4年目。レッドブルからダニエル・リカルドも獲得し、上位争いに加わっていくためにも、重要な1年が始まったと言えるだろう。

【ギャラリー】ルノー、2019年用マシン『R.S.19』

 このR.S.19は、一見するとカラーリングも含め、昨年型のR.S.18と酷似しているように見える。ただ、細部は色々と変えられているようだ。

 フロントとリヤのウイングは、レギュレーションに合わせてシンプルなものになった。ただフロントウイングステーは、11日に発表されたトロロッソ・ホンダSTR14と同様、スリットが入れられたものとなっている。ただその前後長は、トロロッソよりも短い。

 ノーズは非常に薄く見えるが、これはコクピット下にターニングベインが取り付けられていないためだろうか? 本番仕様では、ここに何らかの空力パーツが取り付けられることになるだろう。ただ、ノーズは高く持ち上げられ、フロントサスペンションにも下反角がつけられているという印象……マシン床下でのダウンフォース獲得を、積極的に狙っていると思われる。

 サイドポンツーンに目を転じると、下部が大きくえぐられた印象だ。さらにサイドポッド前方には、昨年のフェラーリが使ったコの字型のディフレクター状パーツが取り付けられている。これは、トロロッソも採用しており、昨年以上に今年のトレンドとなっていくのかもしれない。エンジンカウルは、全体的に昨年版よりもコンパクトになっているようだ。

 ドライバーのコクピット後方、インダクションポッドは、ほぼ四角の、横長の形状。これは、昨年のR.S.18の処理を踏襲した格好だ。

 気になるのは、リヤサスペンションの処理だ。R.S.18では、アッパーアーム(上側のアーム)は車体側からタイヤ方向に向けて一直線に伸びていた。しかしR.S.19では、車体の比較的上部から延び、下方向に曲がるような格好でアップライト側に接続されている。残念ながら、アップライト側の接続点が写っている写真がまだ公開されていないが、アームを高い位置に持っていきたいという意図が感じられる。アームを活用して空力処理をさせたいのか、それとも低い部分を流れる気流を邪魔しないための処理なのか……判断が難しいところだ。

 また、この日公開された画像に写っているマシンは、レッドブルなどもびっくりとも言える、激しいレーキ角がつけられている。フロアでダウンフォースをさらに稼ごうとする意志の表れか、それとも何らかのブラフなのか……チーム代表のシリル・アビテブールも、パーツの製作に時間をかけていると語っており、来週から始まるバルセロナテストに登場するマシンは、大きく姿を変えたモノになるかもしれない。

最終更新:2/12(火) 22:21
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事