ここから本文です

上白石萌音、杉野遥亮&横浜流星の“胸キュン対決”勝因は「努力とマヨネーズ感」

2/12(火) 20:35配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 渡辺あゆ氏の人気少女漫画を新たに映画化した「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」の完成披露イベントが2月12日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の上白石萌音、共演の杉野遥亮、横浜流星、メガホンをとった川村泰祐監督が出席した。

 2014年に剛力彩芽&山崎賢人が共演し“壁ドン”のワードが話題となった作品を、キャストを一新し再映画化。原作でも人気の高い“玲苑編”を題材に、恋人同士となりラブ同居を始めた葵(上白石)と柊聖(杉野)のもとに、突然、柊聖のいとこ・玲苑(横浜)が押しかけ、恋の三角関係を巻き起こしていく様子を描いた。

 多種多様な“壁ドン”が描写される本作。上白石は「人生初“壁ドン”に苦い思い出」があるという。「顔合わせの日、ちょっとリハーサルをやってみようということになったんですが、ご覧の通り、我々は身長差がありまして……。この身長差で“壁ドン”をされると、顔の前に胸板が来るんですよ。キュンというよりはゾクっとしてしまった(笑)」と振り返り、杉野とともに“美しい壁ドン”を目指して試行錯誤を繰り返してたようだ。

 「“壁ドン”はアクションだと思いました」という上白石の感想に対して、杉野は「(身長差は)大きな障害でしたね」と語り、キスシーンも苦戦したことを告白。一方、横浜は「柊聖が格好良くスマートにキメてくれるので、玲苑は勢いよく、距離感をすごく近くした」とこだわり抜き「“壁ドン”プラス顎クイ、“壁ドン”からの引き寄せ……それが“ハイブリッド壁ドン”になりました」と新たな造語を創出していた。

 この日はバレンタイン直前にちなみ、上白石の手作りチョコを巡って、杉野と横浜が真剣勝負を繰り広げることに。対決の内容は、巨大ハート型チョコレートに、女子を“胸キュン”させる愛のメッセージを描くというもの。杉野は、上白石、そして来場した観客に向けた「大切」という言葉。続けて、横浜は「大好き」というストレートなワードに加えて、「付き合って」と言葉を客席に投げかけ、黄色い歓声を浴びていた。

 上白石が勝者に選んだのは、横浜の「大好き」。「正直『大切』が選ばれるんだと思った」(横浜)、「俺も思った!」(杉野)と周囲が騒然とするなか、意外な判定の理由を問われると「これは言葉とかではなく、私の注目ポイントは努力をしたという痕跡、そして拭いきれぬ(文字の)マヨネーズ感。不器用なりに本当に頑張ったんだなって思ったんです。どっちもドキッとしたんですけど、そういう痕跡とか過程が見えてしまうと、私胸がギュッとしてしまって。だから、マヨネーズの方で(笑)」と答えていた。

 「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」は、3月21日から全国公開。

最終更新:2/13(水) 16:21
映画.com

あなたにおすすめの記事