ここから本文です

阪神・藤浪、最速151キロも2死球「余計でした」今年こそ復肩へ…収穫と課題

2/12(火) 9:00配信

デイリースポーツ

 「阪神紅白戦、紅組7-1白組」(11日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 阪神の藤浪晋太郎投手(24)が11日、紅組の先発で今キャンプ初の実戦に臨んだ。最速151キロを計測するなど、2回を投げて2安打1失点。順調な仕上がりを見せる一方で、「余計でした」と2死球には課題も残した。

【写真】ドラ1近本、藤浪から左前打&二盗

 初回。1死から近本に左前打を浴びると、続く鳥谷の打席で初球にスチールを許した。いきなり得点圏に走者を背負ったが、動じない。鳥谷を二ゴロに斬ると中谷は150キロの直球で押し込み、左飛に抑えて無失点でスタートを切った。

 だが、反省したのは二回のマウンド。板山に右越えソロを浴びると、続く長坂にはスライダーが抜け、左肘付近に死球を与えた。さらに1死を挟んで岡崎にも死球。後続を断って最少失点で切り抜けたが、走者を置いてからの投球など修正点も見つかった。

 「(2死球は)スライダーが抜けたのと、クイックのバランスが悪かった。今後の課題として取り組んでいきたいと思います」

 今クールは2日連続で投げ込んだ。“3連投”でも球威、キレともに十分な内容。矢野監督も「大きなズレではないし、心配はしていないよ」と評した。藤浪にも悲観した様子はない。「全体的にはいい感じです。あとは課題をつぶしていきたい」。収穫を自信に、反省を糧にして、開幕までの階段を上っていく。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事