ここから本文です

米民主党議員が投稿について謝罪、反ユダヤ主義的との批判受け

2/12(火) 12:03配信

ロイター

[ワシントン 11日 ロイター] - 民主党のイルハン・オマル下院議員は11日、米イスラエル公共問題委員会に関する自身の投稿に対して、民主党指導部から反ユダヤ主義的な偏見との批判の声が上がったことを受けて、謝罪する声明文を出した。

11月に初当選したばかりのオマル議員はツイッターで親イスラエルのロビー団体である同委について、米国の政治家にお金を払ってイスラエルへの支持を取り付けていると投稿したことから、共和、民主両党の批判を受けていた。ペロシ下院議長を含む下院民主党の指導部は、反ユダヤ主義は非難に値するとして謝罪を要求していた。

オマル氏は声明で「反ユダヤ主義は実在しており反ユダヤ主義的な紋切り型の表現がもたらしてきた痛ましい歴史についてわたしに教えてくれたユダヤ人の仲間や同僚に感謝する」と表明。

「地元の有権者あるいはユダヤ系米国人全体を不快にさせるつもりはなかった」として「明確な」謝罪を表明した。

トランプ大統領は記者団に対し、オマル氏の投稿内容を批判するとともに謝罪は不十分だとの見方を示した。

最終更新:2/13(水) 0:24
ロイター

あなたにおすすめの記事