ここから本文です

池江と同じ18歳で白血病を患い、復活した吉井怜…16年には山崎樹範と結婚

2/12(火) 17:05配信

デイリースポーツ

 競泳女子の池江璃花子選手(18)が12日、自身のツイッターを更新し、白血病を患っていることを告白した。同じ18歳で白血病を患い、カムバックした芸能人がいる。吉井怜(36)。1年2カ月の入院を経て、復活を遂げた。2016年11月には俳優・山崎樹範(44)と結婚している。

【写真】人目をはばからず号泣する池江璃花子

 吉井は華原朋美、浜崎あゆみに続く3代目イメージキャラクターとして「桃の天然水」のCMに出演、人気上昇中の2000年7月、奄美大島でグラビア撮影中に体調を崩し、緊急入院。「急性骨髄性白血病」と診断された。

 「なんで、なんで私なの?私の命ってあとどれぐらいなの?」。絶望的な気持ちになり、激しい吐き気と高熱にも苦しんだことを、のちに述懐している。髪も抜けた。その後、完治を目指し、2001年7月11日、実母から骨髄提供を受け、骨髄移植。吉井にとって“もう1つのバースデー”だ。

 入院生活は1年2カ月に及んだ。肉体的、精神的にも多くの困難を克服し、1年間のリハビリを経て、2002年夏、芸能界に復帰している。

あなたにおすすめの記事