ここから本文です

池江璃花子、白血病公表は本人の希望 治療は「今日からスタートしている状況」

2/12(火) 16:35配信

オリコン

 競泳の池江璃花子選手(18)が自身のツイッターで白血病と診断されたことを公表したことを受け、日本水泳連盟は12日、都内で会見を実施。上野広治副会長は、病気の公表は池江選手の「本人の希望」であったことを明かした。

【画像】競泳・池江璃花子選手のコメント&直筆サイン

 会見に上野副会長のほか日本水泳連盟の青木剛会長、池江選手が所属するルネサンスの吉田正昭社長、三木二郎コーチが出席。吉田社長と三木コーチが先月からのオーストラリア合宿中に池江選手が体調不良を訴え、帰国してからの検査で白血病と診断されたことを説明した。

 質疑応答で池江選手の今後の治療方法を聞かれた上野副会長は「現状ではなんともお話できる状況ではない。3連休を含めて今日からスタートしている状況ですので、今の現状でいち早く本人の希望で、病名を含めまして発表させていただいたというところをご理解いただければ」と語った。

 池江選手はこの日、自身のツイッターで「オーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、『白血病』という診断が出ました」と公表。「未だに信じられず、混乱している状況」と胸の内を明かしながら、「しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」と説明した。

最終更新:2/15(金) 11:25
オリコン

あなたにおすすめの記事