ここから本文です

巨人、ドラ1左腕・高橋「けがをせずに」沖縄キャンプ完走目指す

2/12(火) 12:55配信

サンケイスポーツ

 巨人の1軍は11日、宮崎春季キャンプを打ち上げた。あす13日からは沖縄での2次キャンプが始まる。1軍スタートだったドラフト1位・高橋優貴投手(22)=八戸学院大=はそのまま1軍に帯同。沖縄行きが決定した。

 「まだまだなところが多いです。実戦も増えてくるので、それに見合った技術もつけて、試合で投げられるように」

 充実の宮崎キャンプだっただろう。5日にシート打撃に登板すると、同学年の若き主砲・岡本ら1軍級の打者7人を相手に、3三振を奪うなど猛アピール。その中でも「直球の精度」という課題を見つけ、自主練習でブルペン投球をするなど課題克服に努めてきた。何よりもプロ1年目で、1軍の環境、雰囲気を味わえていることも、大きな刺激となっているはずだ。

 大学4年間、大きな故障がなかったという体のタフさも魅力の左腕。大学時代から続けてきたケアをプロ入り後も続け、練習後は宿舎の部屋で、必ずストレッチなどを行うという。「けがをせずに練習に励みたい」と高橋。沖縄キャンプでは、球数も増やしていく予定で、開幕1軍へ向け、自身のコンディショニングを整えて、アピールを続ける。

あなたにおすすめの記事