ここから本文です

6人のママを持つ男性に聞いた「ママ活」の実態。どうやって出会うの? お金の相場は?

2/12(火) 12:30配信

新R25

最近、パパ活という言葉が話題になっていますよね。実際に新R25でも取材し、その実態を調査したのですが…なにやら最近は、「ママ活」というワードが新たに登場しているとのこと。
気になった編集部は、華麗なるママ活生活をTwitterで公開している、ママ活のプロ(?)・りんごあめさんに取材を依頼。

・ママ活の定義
・受け取るお金の相場
・ママと出会う方法
など、知られざるママ活の実態について伺ってきました。

【りんごあめ】
マッチングアプリで経営者と出会ったことによりママ活を開始。
ママ活歴は約2年。ママ活のコツや体験談などをツイッターにて発信中。現在ママは6人ほど

そもそもママ活って何? 受け取るお金の相場は1時間あたり3000円?5000円

りんごあめさんによると、ママ活とは“ママ”と呼ばれる女性と一緒に過ごして対価をもらうもの。
やっているのは、現役の大学生が多いそうです。

その対価が“金銭”であれば「ママ活」、洋服やアクセサリーなど“モノ”である場合は「姉活(あねかつ)」と、区別されることもあるよう。

ママ活で受け取るお金の相場は1時間あたり3000円?5000円が平均で、1日のデートで3万円など、日給制の場合も。
ちなみに、りんごあめさんの場合は1カ月あたり現金で4万円、プレゼントで7万円ほどになるとのこと。

りんごあめさん:
レンタル彼氏の相場が、だいたい1時間5000円。それに合わせてなのか、ママ活も似たような金額設定になっています。

※レンタル彼氏とは、仲介サービスに登録している男性(彼氏といいます)のなかから好みのタイプを選び、1対1のデートができるサービス。拘束時間に合わせた報酬を“彼氏”に支払います。

宮内:
以前、パパ活の取材をした際は「金額交渉もある」という話を聞いたのですが、ママ活でもあるんでしょうか?

りんごあめさん:
基本的に金額はママに決めてもらいます。僕は、お会計のおつりをいただくことが多いですね。
食事代が2人で12000円だったとしたら、ママが2万円払って「おつりあげるよ」って言ってくれたりとか。

宮内:
ナチュラルだ。「封筒で渡される」「はじめにパパから金額を聞かれる」みたいなパパ活とは違いますね。

りんごあめさん:
ママ自身も「自分がママ活をしている」という感覚はあまりないと思います。
大学生から「奨学金がさ…」とか言われると、ママからしたら自然に「お金をあげる口実」になるじゃないですか。

宮内:
理由がないより渡しやすいですね。

りんごあめさん:
だからママ活は曖昧な部分が多いですね。僕も、ご飯をおごってもらうだけのときもありますし、洋服を買ってもらうなどモノをもらうだけの場合も多いです。

ただ、ママが持っているマンションの1室を自由に使っていいよと言われたり、1泊10万円超えのホテルのスイートルームをプレゼントされたりと、ちょっと特殊なこともありましたが。

宮内:
ちょっと、それはなかなかすごいじゃないですか…
でもホテルってことはそれ、体の関係ありますよね?

りんごあめさん:
ないです。1人で泊まりました。体の関係になったほうがお金はたくさんもらえるかもしれませんが、一時的な関係で終わってしまいやすいですし。

それに、相手の方が本気になってトラブルに発展することもあります。そういう意味でも、僕はママ活を「体の関係を持たないもの」と定義しています。

1/5ページ

最終更新:2/12(火) 12:30
新R25

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ