ここから本文です

中学校の「学校制定品」公立と私立の価格差 私立は約13万高いが、制服の差はほぼなし。入学後もかかる費用について

2/12(火) 11:00配信

マネーの達人

中学の「学校制定品」にかかる費用

12月から翌年2月までが、中学受験本番で、2月末には各校での入学者数が決まります。

中学受験は、つい塾費用と受験費用面だけが気になります。

しかし、合格・入学手続きをして、事前に概算は聞いていたけれど、すっかり忘れてしまいやすいのが「学校制定品費」です。

文部科学省が定期的に行っている学費に関する調査で、「私立校は全ての費用で高い」という結果は出ています。

学校制定品に限定してみて、どのぐらいの費用が発生しているのかと、公立中学校との差額など、地元制服店さんの話や我が家の例をもとに紹介します。

私立・公立中学入学時に実際にかかる学校制定品の費用

■1. 私立中学の場合

合格後の入学手続き時に「入学手続きに関する書類」が渡され、制服などの購入方法や費用が記載されています。

ここからは、我が子が入学した私立中高一貫校(女子校)を例で紹介します。

制服以外は、書類に添付されていた振込用紙で振込、控えが制定品との引換券になっていました。

制服は、合格者集合日に学校で採寸を行います。

受け取り方は、購買部からの発送で着払い(送料540円加算あり)もしくは指定百貨店・制服部で支払いと受け取りの選択ができました。

冬服は入学式の2週間前に届き、夏服は入学時の寸法で5月前に届き、試着してサイズ変更をする場合は、学校の購買部で交換手続きします。

制服以外の制定品は、指定された日に学校へ行き、キャリーバッグなどで持ち帰りました。

内訳(冬夏ともにセーラー服)

・ 制服(冬上下)… 3万7000円
・ カーディガン(冬用)… 9000円
・ 制服(夏上衣)… 6800円
・ 制服(夏スカート)… 1万5000円
・ カーディガン(夏用)… 8200円
・ ネクタイ… 1100円
・ 体操服(夏用上下2枚セットネームあり)… 1万5200円
・ 体操服(冬用上下1枚セットネームあり)… 8800円
・ グランドコート… 6700円(冬の外での体育時に着用)
・ 通学靴… 8500円(学校オリジナルデザイン)
・ 体育館シューズ… 5500円
・ グラウンドシューズ… 3600円
・ 上履き… 1500円
・ 制定ソックス(夏・冬色違い 5足セット)… 4200円
・ 制定カバン・補助カバン・靴袋・ハチマキ、美術セット・書道セット(筆のみ)・ネームベスト… 合わせて3万6000円

以上、合計金額16万7100円

冬コートは、夏に申し込みが行われ、2万5000円でした。

5月は「制服での温度調整期間」の学校が多いのですが、合服がない学校ですので、夏服にカーディガンに切り替える学生が多いです。

私立中学でそのまま上の高校へ進学する場合、校章のみ色が変わるケース、制服のネクタイが変わるだけや、制服類一式が変わるので新規購入ということがあります。

1/3ページ

最終更新:2/12(火) 11:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事