ここから本文です

桃の節句を前に 紙と毛糸でひな人形づくり/富山

2/12(火) 9:50配信

チューリップテレビ

 来月3日の『桃の節句』を前に、紙や毛糸などを使ったおひな様づくりの教室が高岡市で開かれました。
 デザインも材料も作る人しだいで、個性ゆたかなおひな様が出来上がりました。

 こどもたちが色とりどりの毛糸や紙で作っているのはオリジナルのひな人形です。
 この教室は、高岡市の二上まなび交流館が毎年この時期に開いていて、11日は、高岡市と射水市から親子連れなど42人が参加しました。
 この教室の特徴は、デザインが自由であること。
 参加者はボランティアの大学生に手伝ってもらいながら思い思いにおひな様づくりに励みます。
 中には、人間ではなく、ウサギのような動物に着物を着せている作品もあります。
 表情や着物などどれをとっても同じデザインのものはなく、子どもたちの豊かな個性が表れていました。
 参加者たちは完成したおひな様を持ち帰り、自分の家に飾るということです。

チューリップテレビ

あなたにおすすめの記事