ここから本文です

「悪夢のような民主党政権」で応酬 岡田氏撤回要求「レッテル貼り」

2/12(火) 16:17配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

安倍首相が10日、「悪夢のような民主党政権」と発言したことについて、12日の衆議院予算委員会で、発言を「撤回しろ」、「しない」の応酬があった。

民主党時代に政権の中枢を担った岡田議員は、「一方的なレッテル貼りだ」と批判したが、安倍首相が逆に反論する場面もあった。

立憲民主党会派・岡田克也衆院議員「私たちは政権時代に、その前の自民党の歴代政権の重荷も背負いながら、政権運営をやってきた。(発言の)撤回を求める」

安倍首相「悪夢でなかった、それを否定しろと言うが、ではなぜ民主党という名前を変えたのか」

岡田衆院議員「(発言を)取り消しなさい」

安倍首相「取り消しなさいと言われても、取り消しません」

安倍首相は、「少なくとも、バラ色の民主党政権でなかったことは事実だろう」と述べて、発言の撤回を拒んだ。

一方、ロシアとの平和条約交渉について、岡田氏が「次の世代に先送りすることも判断だ」と指摘すると、安倍首相は「無理に国益を害する気は全くない」と述べ、交渉を慎重に進めていく考えを示した。

午後には、統計不正問題をめぐり、総務省統計委員会の西村委員長が参考人として出席する予定。

FNN

最終更新:2/12(火) 16:17
ホウドウキョク

あなたにおすすめの記事