ここから本文です

女子大生殺害「翌日現場に戻った」 証拠隠滅のためコート捜したか

2/12(火) 16:21配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

証拠隠滅のため、遺体を埋めた現場に戻っていた。

広瀬晃一容疑者(35)は、2018年11月20日ごろ、茨城・神栖市内の農道で、大学1年生の菊池捺未さん(当時18)を殺害した疑いで、12日午前、送検された。

遺体は近くで埋められていて、現場からは、菊池さんのコートが見つかっていた。

広瀬容疑者は当初、「菊池さんに会った翌日、現場に戻った」などと話し、証拠隠滅のため、コートを探しに現場に戻ったとみられていて、警視庁は、この点を追及して、自供を引き出したという。

FNN

最終更新:2/12(火) 16:21
ホウドウキョク

あなたにおすすめの記事