ここから本文です

【母子家庭を応援】 暮らしのサポート、塾代補助、移住などがある自治体を紹介 応援してくれるところは多方面にある

2/12(火) 16:00配信

マネーの達人

各HP上では、画像や動画で室内を確認できます。

交通機関の割引

例えば東京都内在住なら、1世帯につき1人に限り、都営地下鉄全線、都バス(江東01を除く)、都電、日暮里・舎人ライナーが利用できる「都営交通無料乗車券」を発行してもらえます。

JRの割引は、比較的多くの自治体で実施されているので、お住いの福祉関係の窓口にお問い合わせください。

ただし、通学定期は対象とならず通勤のみ利用できる自治体や、学生は学割と併用はできないが普通定期運賃の3割引で購入するならOKという地域、児童扶養手当受給世帯に1人だけというところなど、それぞれ条件は異なります。

水道料金の減免

毎日使う上下水道料金は、助成があると助かります。

しかしこれも、どこでも制度があるとは限りません。詳しくは自治体の水道局のWEBサイトをご確認ください。

・ 東京都…水道料金 基本料金と1月当たり10mまでの合計額と下水道料金1月当たり8mまでの料金が無料

・ 神奈川県…基本料金2か月分1420円が免除

塾のサポート

闇雲に勧めるわけではありませんが、塾は勉強の対策や方法、受験情報に特化しており、合えば子どもの夢に近づく一つの方法にもなりえます。

でも「お金がかかる…」と、あきらめるのは早計です。

東京都では、中学3年生と高校3年生(高校中途退学者、高等学校卒業程度認定試験合格者、定時制高校4年生、浪人生等も利用可)を対象に「受験生チャレンジ支援貸付事業」として、塾費用や受験料を無利子で貸付をしています。

しかもうれしいことに、高校や大学に見事入学すれば返済が免除されます。

都内に1年以上住んでいることや年収、資産、公的資金を滞納していないことなど条件がありますが、子どもが自分の努力で免除を勝ちとれます。

子どもの自信にもつながるのではないでしょうか。

■個別指導型の学習支援も

一方江戸川区では、受験生チャレンジ支援貸付を受けていない中学生に向けて、個別指導型学習支援「江戸川さくら塾」を開催しています。

大学生等のボランティアによる個別指導の費用は、なんと無料です。

2/4ページ

最終更新:2/12(火) 16:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事