ここから本文です

マルセロ 親友C・ロナウドの移籍に関して告白

2/12(火) 21:11配信

SPORT.es

レアル・マドリーのSBマルセロは、ポルトガル人クリスティアーノ・ロナウドが、キエフで開催されたCLファイナルの前日練習の際に、マドリーを去ることを彼に伝えたことを明らかにした。

「最高の姿を見たい」監督が脆弱マルセロの復活願う

ブラジルのポータルサイト『Esporte Interactivo』のインタビューで、マドリーのDFは「僕らがファイナルに向けた練習をしている時に、彼は僕に『出て行くよ』と言ったんだ」と説明した。

記者はマルセロに「ファイナルの前に君に言ったの?それじゃあ私に嘘をついてたのね」と非難した。マルセロは、「ああ、君には嘘をつかないといけなかったんだ」と認めた。

マルセロはユヴェントスのFWと、最も仲の良い友人の一人であり、そのためポルトガル人は、7月に『ヴェッキア・シニョーラ(ユヴェントスの愛称)』との契約を締結するかなり前に、レアル・マドリーを去るという決断を他の人物達より先に伝えていたとされる。

マドリーのDFには、ユヴェントスが彼の獲得に対する関心を持っていることについても質問があった。彼の返答は非常に如才ないものであった。「ユヴェントスは偉大なクラブだが、僕にはレアル・マドリーとの契約がある」

SPORT.es

最終更新:2/12(火) 21:11
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事