ここから本文です

負傷中のネイマール 今週もバルセロナ入り

2/12(火) 22:26配信

SPORT.es

ネイマールは、怪我からの回復を続けている。そして、復帰に向けたプロセスの一環として多血小板血漿(PRP)療法のスペシャリストである医師ラモン・クガートの診察を今週も受ける。

松葉杖姿のネイマール、500人招待し誕生日を祝う

ネイマールは、右足第5中足骨を1月23日に行われたフランスカップのスタラスブール戦で負傷している。昨年、ネイマールは、同じ怪我をしており、その際の離脱期間は3ヶ月となっている。そして、今回も手術の可能性が浮上していたが、最終的に10週間の保存療法を選択している。

なお、負傷以来、今回が医師クガートの治療を受けるための3度目のバルセロナ入りである。ただ、ピッチは離れているものの、ネイマールがメディアの注目を集めていることは変わりなく、FCバルセロナ復帰の噂についてネイマールに尋ねたジャーナリストとの意見の相違や“レッド・パーティー”と称した自身の誕生日パーティーなどが大きく取り上げられている。

シーズンの重要な時期に入り、勢いがなくなっているパリ・サンジェルマン(PSG)は、チャンピオンズリーグ準々決勝進出のために敵地オールドトラッフォードでスールシャールが監督に就任してから好調のマンチェスター・ユナイテッドと戦う。なお、ネイマールだけが、この大切な一戦に出場できないわけではない。エディソン・カバーニとトマス・メウニエルも怪我の状態次第では、テレビでの観戦の可能性もある。

ボルドーと対戦したパリ・サンジェルマン(PSG)の前節において、満面の笑みを浮かべたネイマールの姿がパルク・デ・プランスで目撃されているが、未だに松葉杖を手放せておらず、ネイマールの復帰は、4月上旬と推測されている。

SPORT.es

最終更新:2/12(火) 22:26
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事