ここから本文です

「首相が向き合うべきは自分」 玉木氏、「悪夢」発言批判

2/12(火) 21:56配信

カナロコ by 神奈川新聞

 国民民主党の玉木雄一郎代表は12日、横浜市戸塚区の戸塚駅東口で街頭演説し、安倍晋三首相が自民党大会で民主党政権時代を「悪夢」と述べたことについて、「総理がいま向き合うべき対象は民主党政権ではなく自らの政策だ」と批判。「大規模な金融緩和や進んでいない構造改革、本当に国民のための政治ができているのか」と疑問を呈した。

 記者団の取材に、神奈川県議選の一部選挙区で国民と立憲民主党がそれぞれ候補を擁立することについて「各党が頑張って党勢を拡大し、結果として野党勢力が全体で大きくなることを今は目指すしかない」と強調。

 自由党との合流を視野に入れた政策協議が始まったことには、「大きな方向では差はないと思うが、政策に違いがあるのも事実。どこまで詰められるか、協議を見守りたい」と語った。

あなたにおすすめの記事