ここから本文です

和田正人×松尾諭がブロマンス時代劇!『やじ×きた』4月スタート

2/12(火) 18:20配信

クランクイン!

 俳優の和田正人と松尾諭が、4月スタートのドラマ『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』(BSテレ東/毎週土曜21時)に出演することが分かった。制作スタッフは『水戸黄門』の京都東映太秦の時代劇チームが担当する。

【写真】『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』に出演する和田正人&松尾諭


 本作は、『弥次さん喜多さん』で知られる江戸時代最大のベストセラー小説『東海道中膝栗毛』を原案に、男同士の2人旅を描く“諸国漫遊時代劇”。映画、漫画、さらには歌舞伎までさまざまなアレンジで親しまれてきた人気作品を、オリジナル特有の“破天荒な味わい”を忠実に再現してドラマ化する。一話完結のストーリーで、毎話旅先の“いい女”が女性ゲストとして登場する。

 ひょんなことから女と女房に捨てられ、江戸に居場所がなくなった喜多さんと弥次さんは、東海道を西へ「お伊勢参り」にかこつけた”自分探し”の旅に出る。2人は小田原、箱根、三島、府中から大井川を越え浜松宿と、東海道の有名宿場で騒動に巻き込まれていく。この騒動の火種を撒いているのが、密かに2人をつけて旅をする十返舎一九―。十返舎一九は『東海道中膝栗毛』の作者であり、本作は、『東海道中膝栗毛』の誕生を描く物語ともなっている。

 元役者のお調子者“喜多さん”こと喜多八を演じる和田は「とにかく脚本の面白さに目を惹かれました。東海道中膝栗毛は時代劇の名作喜劇。当然の如く大きな重圧を感じましたが、それ以上に、ここに描かれている喜多八を演じたいという、抑えられない欲の方が勝ったのを覚えています」と出演の喜びを語った。

 芸術家気取りのエロおやじ“弥次さん”こと弥次郎兵衛を演じる松尾は「この『やじ×きた』は、女の尻ばかり追いかけたり人を騙したりする、十返舎一九の原作通りの弥次喜多を描くので、『弥次郎兵衛は松尾さん以外に考えられないんです』と若きプロデューサーに言われ、僕に一体どういうイメージを持っているのかと訝りはしましたが、なんにせよ有難いお話だと思いました」とコメントしている。

 土曜ドラマ9『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』は、BSテレ東にて4月より毎週土曜21時放送。

最終更新:2/12(火) 18:20
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事