ここから本文です

同性愛矯正セラピーの過酷な実態…衝撃の実話『ある少年の告白』予告到着

2/12(火) 19:15配信

クランクイン!

 映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で2016年アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた若手俳優ルーカス・ヘッジズが主演を務め、ニコール・キッドマンとラッセル・クロウが共演する映画『ある少年の告白』が、4月19日より公開されることが決定。併せて予告編も解禁された。

【写真】「ルーカス・ヘッジズ」フォトギャラリー


 本作は、2016年に発表され、ニューヨークタイムズ紙によりベストセラーに選ばれた実話を映画化したヒューマンドラマ。監督を務めるのは『ザ・ギフト』のジョエル・エドガートン。シンガーのトロイ・シヴァンが出演するほか、楽曲『Revelation』も本作に提供。第76回ゴールデン・グローブ賞では、主演男優賞と主題歌賞にノミネートされている。出演はほかに、監督としても活躍するグザヴィエ・ドラン、若手俳優のジョー・アルウィンら。

 アメリカの田舎町。牧師の父(ラッセル)と母(ニコール)のひとり息子として愛情を受けて育ち、輝くような青春を送る大学生のジャレット(ルーカス)。ジャレットはある時、思いがけない出来事をきっかけに、自分は男性のことが好きだと気づく。しかし、息子の告白を受け止めきれない両親が勧めてきたのは、同性愛を“治す”という矯正セラピーへの参加だった。口外禁止だという驚くべきプログラムの内容。自らを偽って生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じ、ジャレッドはついにある行動を起こす…。

 解禁された予告編は、主人公ジャレッドが華やかな大学生活を送るシーンからスタート。「最高の人生を送ってほしい」と語る父。満足そうにほほ笑む母。やがてジャレッドがひとりの青年と出会う場面になり、「幸せな時間が続くと思っていた。あの日までは」というナレーションが続くと、それまでの幸せな雰囲気は一変する。

 「男に惹かれてしまう。理由はわからない」と語るジャレッドの告白に、呆然とする両親。次いで両親の勧めでジャレッドが参加した矯正セラピー施設の過酷な実態が次々と描き出される。トロイの楽曲『Revelation』が流れる中、「生まれつきの同性愛者はいない。選択の結果だ」と決めつける施設で葛藤し、感情を爆発させるジャレッド。そんなジャレッドの姿に両親も心を動かされていく。やがてジャレッドは父に「もう自分に嘘をつきたくない」ときっぱり告げる。最後は、ジャレッドが夜景を静かに見つめる姿で締めくくられる。

 映画『ある少年の告白』は4月19日より全国公開。

最終更新:2/12(火) 19:15
クランクイン!

あなたにおすすめの記事