ここから本文です

【新旧F1マシンスペック比較】トロロッソ・ホンダ編:レッドブル・テクノロジーとの関係が強化されたSTR14

2/12(火) 15:20配信

オートスポーツweb

 2月11日(月)、トロロッソ・ホンダの2019年型マシン『STR14』がオンラインで発表された。全10チームの中で、トロロッソ・ホンダは先陣を切って2019年シーズンを戦うマシンを発表した形だ。

【写真】トロロッソ・ホンダSTR14(サイド写真)

 すでに報じられている通り、2019年はトロロッソとレッドブル・テクノロジーとの関係が強化されている。そのため、2018年型マシン『STR13』とSTR14のマシンスペックを見比べると、STR14のシャシーをはじめサスペンションやトランスミッション、ブレーキ、燃料などがトロロッソとレッドブル・テクノロジーの連名となっている。

■マシンスペック比較
【2019年型マシン STR14】(写真上段)
●シャシー:スクーデリア・トロロッソ製コンポジット・モノコック
●フロントサスペンション:スクーデリア・トロロッソ/レッドブル・テクノロジー製カーボンコンポジットウィッシュボーン、プッシュロッド、インボードトーションバー&ダンパー
●リヤサスペンション:レッドブル・テクノロジー製カーボンコンポジットウィッシュボーン、プルロッド、インボードトーションバー&ダンパー
●トランスミッション:レッドブル・テクノロジーギヤボックス、縦置きカーボンコンポジットメインケース、8速油圧駆動
●ブレーキ:スクーデリア・トロロッソ/レッドブル・テクノロジー
●タイヤ:ピレリ
●燃料:スクーデリア・トロロッソ/レッドブル・テクノロジー・システム

〈パワーユニット: Honda RA619H-2019〉
●排気量:1.6リッター
●シリンダー数:6

【2018年型マシン STR13】(写真下段)
●シャシー:スクーデリア・トロロッソ製コンポジット・モノコック
●フロントサスペンション:スクーデリア・トロロッソ製アッパー&ロワ・カーボンウイッシュボーン、プッシュロッド、トーションバースプリング、アンチロールバー
●リヤサスペンション:スクーデリア・トロロッソ製アッパー&ロワ・カーボンウイッシュボーン、プルロッド、トーションバースプリング、アンチロールバー
●トランスミッション:8速シーケンシャルーアクティブ・ハイドロリック・オペレーション
●ホイール:スクーデリア・トロロッソ製
●ブレーキ:ブレンボ製
●タイヤ:ピレリ製

〈パワーユニット Honda RA618H-2018〉
●排気量:1.6リッター
●シリンダー数:6
●最高回転数:15,000rpm
●重量:145kg

[オートスポーツweb ]

あなたにおすすめの記事