ここから本文です

日向坂46空色ロゴ、欅坂2軍的存在から空高く跳ぶ

2/12(火) 7:33配信

日刊スポーツ

欅坂46の関連グループ、けやき坂46(ひらがなけやき)が11日、「日向坂46(ひなたざかフォーティーシックス)」に電撃改名した。都内で動画アプリSHOWROOMの配信を行い、サプライズ発表した。3月27日に単独シングルデビューする。乃木坂46や欅坂46が勢いに乗る坂道シリーズに、新たな色が加わった。

【写真】「日向(ひなた)坂46」へサプライズの改名発表に驚く「けやき坂46」のメンバーたち

配信終盤にサプライズ動画が流され、「日向坂」への改名が発表されると、出席したメンバー6人全員が絶叫した。斉藤京子(21)は何度も跳びはね、隣にいた小坂菜緒(16)にくっついた。キャプテン佐々木久美(23)と加藤史帆(21)は「めっちゃいい!」と抱き合った。佐々木美玲(19)と柿崎芽実(17)は、目を合わせて涙ぐんだ。

16年5月の結成当初は欅坂46の2軍的存在だったが、見る者を幸せにする「ハッピーオーラ」を武器に人気を獲得。昨年6月に「走り出す瞬間」でアルバムデビューを果たした。昨年、日本武道館公演も計6日間成功させるなど、実績も十分。関係者によると、秋元康総合プロデューサーも満を持してのシングルデビュー発表だという。

一方で欅坂46と混同されることもあり、インターネットで検索しても欅坂46が先に出てきてしまうことも。加藤は「ずっと『ひらがなけやき』のままでいいのかな、っていう悩みは、メンバー間でありました」と話し、斉藤も「『ひらがなけやき』という名前もすてきだけど、正直、こんがらがっちゃうという人もいると思う。だから、改名は一番の夢でした」と明かす。

早速、発表直後から新名義での公式サイトが立ち上がった。3月5、6日には横浜アリーナでデビューカウントダウンライブ開催も決まった。斉藤は「命かけて頑張ります」と誓った。加藤は「尊敬する乃木坂46さんの美しさや清楚(せいそ)さと、大好きな欅坂46さんのパフォーマンスやかっこよさを持つようなハイブリッドグループになるのが夢です」と意気込んだ。

佐々木久美は「頭文字は変わらないので、右手で『ヒ』の文字を作る決めポーズも引き続き使える。いろいろ考えてくださったんだと思うと、すごく愛を感じます」と感謝。「寂しい気持ちもあるんですけど、新しいグループとして走りだす瞬間を見てほしい」とアピール。坂道シリーズ恒例の三角形のロゴは、「空高く跳べるように」という思いが込められた空色。誰よりも高いところを目指して、走りだした。【横山慧】

最終更新:2/14(木) 13:43
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事