ここから本文です

資産家コーエン氏、NYのペントハウスを60%値下げし49億円に

2/12(火) 0:36配信

Bloomberg

資産家のスティーブ・コーエン氏は知名度の高い不動産物件を数々所有しているが、このうちの一つを売りに出したものの、なかなか買い手がつかない。マンハッタンのミッドタウンにそびえ立つ高層マンション最上階のメゾネットは、ここ6年で提示価格を6回以上引き下げられ、今や4500万ドル(約49億4000万円)となった。市場に出た2013年4月当時の提示価格、1億1500万ドルから6割下がったことになる。

ヘッジファンド運営会社、ポイント72アセット・マネジメントの創業者であるコーエン氏は、2005年に「ワン・ビーコン・コート」のペントハウスを2400万ドルで購入。グッゲンハイム美術館の改装を手掛けた建築家のチャールズ・グワトミー氏に、寝室5部屋を含む9000平方フィート(約840平方メートル)の改装を委ねた。このタワーには、メゾネットタイプの物件は他にない。

コーエン氏は13年末までに価格を9800万ドルまでに引き下げた。同氏がかつて率いたヘッジファンドのSACキャピタル・アドバイザーズが、米当局との司法取引でインサイダー取引などの罪を認め、12億ドルの罰金を支払ったのがこの年だった。

買い手がつかないまま、14年には8200万ドル、15年には7900万ドル、16年には7200万ドルに値下げ。17年末には5750万ドルを提示するに至っていた。

ポイント72の広報担当者、ティファニー・ガルビンコーエン氏はコメントを控えた。同物件の売り手側仲介業者であるダグラス・エリマンのリチャード・スタインバーグ氏もコメントを控えた。

原題:Steve Cohen Has Cut Price of NYC Apartment 60% to $45 Million(抜粋)

Hailey Waller

最終更新:2/12(火) 0:36
Bloomberg

あなたにおすすめの記事