ここから本文です

吉永小百合 天海を絶賛「最高の相棒」 底冷え京都でホットな18年ぶり共演

2/13(水) 4:00配信

デイリースポーツ

 女優の吉永小百合(73)がこのほど、京都市内で主演映画「最高の人生の見つけ方」(今秋公開)のロケを、女優の天海祐希(51)と行った。映画「千年の恋 ひかる源氏物語」(01年)以来18年ぶりの共演となる2人は、空白の時間を感じさせない息ピッタリの演技を披露。会見でも心温まる掛け合いを展開し、底冷えする京の街を温めた。

 冷たい雨と風が吹き付ける五条大橋でのロケ。この日の京都市内の気温は4度だったが、2人は寒さを吹き飛ばすように熱く演技をぶつけ合った。

 「最高の-」は、07年公開の同名米映画のリメーク版で、余命宣告をされた2人が、偶然見つけた少女の「やりたいことリスト」を実行するために全国を旅する物語。吉永は、報道陣の前に鮮やかな水色の着物で登場。一方の天海はおかっぱヘアに渋い着物という個性的ないでたちで姿を見せ、ハスキーボイスで「どうも…。中森明菜です」とモノマネで笑いを取った。

 吉永にとっては、初の海外リメーク作。「できなかったら終わりかも」と強い意気込みで撮影に挑んでいる。クランクインから1カ月、撮影で全国各地を飛び回り、「つらいこともある」というが、その苦労も吹き飛ばすほど、天海とのコンビネーションは抜群だ。

 吉永は「天海さんはある時は兄貴、ある時は娘のように『頑張りましょう』と声をかけてくれる。最高の相棒です」と天海を絶賛。“相棒認定”されて「うれしい!」と喜んだ天海は「『小百合ちゃんは僕が守る!』という気持ちでやります」と、元宝塚トップスターらしい“男気”で意気込んだ。

 今年で芸歴61年目の吉永は、映画の設定にちなみ「やりたいことリスト」を問われると、「このチャーミングな映画を成功させたら次があるかしら」とニヤリ。天海も「素晴らしいお答え。私もこの映画がやりたいことリストナンバーワン」と気合を入れた。

 京都では「やりたいことリスト」に入れた「巨大パフェを食べる」の撮影も敢行。ケーキを11個完食経験のある甘党の吉永は、高さ40センチのジャンボパフェを前に、童心に返ったような笑顔を見せた。

あなたにおすすめの記事