ここから本文です

稲垣吾郎&香取慎吾が、侍姿で「生きてるーっ!」 “オールフリー”新TVCM、16日よりOA

2/13(水) 4:01配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

香取慎吾は、“オールフリー”オリジナルグラスのデザインも担当。「僕にはプレゼントしてくれますか?」(稲垣)「吾郎ちゃんも応募してください」(香取)
稲垣吾郎、香取慎吾をメッセンジャーに起用したノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」の新TVCMシリーズとして、『ノンアル維新!始まる』篇、『ノンアル維新!お殿様』篇(各15秒・30秒)が、2月16日から全国でオンエア開始される。それぞのTVCMには 、塚地武雅と加山雄三がゲスト出演する。

【動画】『ノンアル維新!始まる』篇(30秒)

■TVCMについて
新TVCMは、「ノンアル維新」というテーマのもと、劇的に進化した「オールフリー」のおいしさを、日本中に広めるために立ち上がった、ふたりの志士という設定。稲垣吾郎と香取慎吾は、爽やかな青を基調とした羽織、袴といった侍姿で登場。それぞれのTVCMには、ゲスト出演があり、『ノンアル維新!始まる』篇には、稲垣と香取のような志士に憧れる自称“仲間”の野武士役として塚地武雅が登場。『ノンアル維新!お殿様』篇には、稲垣と香取が仕えるお殿様として加山雄三が登場する。

いちばんの見どころは、『ノンアル維新!始まる』篇での、雲間に突き立つ岩山に鮮やかな青白の旗を突き立てた稲垣と香取が、絶景の中で「オールフリー」を味わうシーン。劇的に進化した“オールフリー”の魅力を印象的に伝える新TVCMシリーズに注目だ。

■『ノンアル維新!始まる』篇(15秒)CMストーリー
とある霧のかかった丘の上。青白の旗を突き立てた岩山に、悠然と腰掛けているふたりの志士(稲垣、香取)の姿が見える。新しい「オールフリー」をひと口飲んだあと、「何、こののどごしっ!」「ノンアルもここまで来たかあ~!」と、驚愕する稲垣と香取。と、そこへ「置いてくなよ~」と、ふたりに憧れて追いかけてきた塚地が姿を現し、息を切らせて岩肌を登りながら、「仲間だろ~っ!」と呼びかける。その声に笑顔で応え、再び「オールフリー」を飲む稲垣と香取。最後は、「オールフリー」を天に掲げた稲垣と香取が、遠くに向かって「生きてるーっ!」と気持ちよさそうに叫ぶカットで締めくくる。

■『ノンアル維新!お殿様』篇(15秒)CMストーリー
とあるお屋敷。「これがノンアルだと!?」と、「オールフリー」の入ったグラスを片手に驚きの声をあげるお殿様(加山雄三)の面前には、正座をしているふたりの志士(稲垣、香取)が。どうやらこのお殿様に新しい「オールフリー」を献上するため、お屋敷に馳せ参じたようだ。ふたりは「驚きますよね!」(稲垣)、「相当進化してますから」(香取)と、新しい「オールフリー」のおいしさに自信たっぷり。お殿様も「(ノンアルはおいしくないと)誤解しとった!」と感心しきりで、「参った! 褒美をつかわそう!」と大絶賛する。お殿様の掛け声で襖が開くと、そこにはご褒美の品が。それは大判小判などではなく、なぜかギターを持ったお殿様の純金のフィギュアだった。最後は、「オールフリー」を片手に、そしてお殿様の純金フィギュアを小脇に抱え、「生きてるーっ!」とうれしさを爆発させたふたりが、またどこかへ旅立っていくシーンで締めくくられる。

<撮影エピソード >
■厳しい寒さを吹き飛ばす熱の込もったお芝居!
真冬の早朝から行われた今回のロケ。当日の天候はくもりということで、雲間から太陽が顔を出すタイミングを狙っての撮影となった。気温10度以下の冷たい風が吹く中、待機時間も長く、羽織、袴という軽装で臨んだ稲垣と香取にとって、かなりハードな撮影となった。持ち前の集中力と気合いで、寒さを微塵も感じさせない息ぴったりの掛け合いを披露していたふたりだった。

■豊富な時代劇の撮影経験を活かしてOKテイクを連発
塚地が演じたのは、稲垣と香取の男気に惚れ、すべての生活を投げ出し、ふたりを追いかけてきたという自称“仲間”の役。ふたりの旗を見よう見まねで作った自前の旗や、様々な生地を組み合わせた羽織、袴など、手作り感満載のスタイルで、志士に憧れる野武士のキャラクターを演出した。

岩肌を登るシーンの撮影には苦戦していた塚地だが、大河ドラマなどで、時代劇の撮影経験が豊富なだけに、監督の指示に的確に応える抜群のお芝居でOKテイクを連発。撮影後、歩きやすい靴に履き替えながら、「ようこんなとこ草履で歩いたわ」と自らの足で登ってきた岩山を、呆然と眺める場面があった。

■早すぎるバースデーサプライズに香取からツッコミ!?
『ノンアル維新!始まる』篇と『ノンアル維新!お殿様』篇のすべての撮影を終えたあと、間もなく誕生日を迎える香取に、サプライズで大きなバースデーケーキが用意された。稲垣やスタッフから「おめでとう!」と祝福の拍手が湧き起こる中、「ありがとうございます!」と満面の笑顔で感謝を伝える香取だったが、その直後に「でも、早すぎるでしょ」とコメント。実は誕生日は、撮影から2週間以上先のことで、香取の的確かつ愛嬌たっぷりのツッコミに、現場のあちこちから楽しそうな笑い声が聞こえてきた。

■歴史深いロケーションでの撮影で、現場は良い緊張感に包まれる
加山が出演している『ノンアル維新!お殿様』篇の撮影は、京都の「聖護院門跡」にて実施。文化財を多く保有する由緒あるお寺の、美しい襖絵が目を引く畳張りの空間のなかに、お殿様姿の加山と志士姿のふたりが入ると、スタッフ一同、本物のお殿様への謁見を目撃しているような気分になった。撮影も、キリっと締まった、非常に厳かな雰囲気のなかで進んでいった。

■稲垣吾郎、香取慎吾 コメント
Q:撮影の感想をお聞かせください。
稲垣:さらにおいしくなっていて、景色のいいところで飲む「オールフリー」は格別でした。
香取:最高だね。ホント気持ちよかった。今までの撮影でいちばん飲みましたね。
稲垣:撮影が終わったあとに飲む「オールフリー」もまた、おいしかったです。

Q:「ノンアル維新」をテーマに描いた今回のTVCMについて。
稲垣:新鮮ですよね。いつもと違って、「オールフリー」のカラーの和装で、ビジュアル的にも新しくなって、皆さんにより楽しんでいただけるんじゃないかなと。
香取:ひとつずつガラッと雰囲気が変わっていくよね。
稲垣:最初は羽ばたく天使の羽から始まって。
香取:海外で撮影したりとか。
稲垣:そうだね。でも、今回みたいな感じは予想していなかったよね。
香取:していなかった。こう来たかと。
稲垣:とても清々しくて気持ちいいので、かっこいいTVCMになると思います。

Q:TVCM初出演から一年が経ち、「オールフリー」の印象について変化はありましたか?
香取:一年前は「羽ばたくぜ、オールフリーと」って思っていたのが、今は「羽ばたこうぜ、オールフリーと一緒に」みたいな感覚かな。みんなも行こうよ、という思いになっているよね。
稲垣:そうかもしれない。
香取:「生きてるーっ!」というセリフも、以前は生存確認みたいなところがあって。
稲垣:その言葉に助けられているようなところもあったよね。
香取:今の「生きてるーっ!」は、生きてるぜという感覚というか。一年でホント変わったよね。
稲垣:僕たちと「オールフリー」に付いてきてくれる仲間を、もっと増やしていきたいです。

Q:2019 年が始まりましたが、あらたな挑戦は何かありますか?
稲垣:2月の中旬から、日本全国いろんな地域を回るファンミーティングが始まります。
香取:そして、「オールフリー」が力を貸してくれまして、3月から個展もやります。
稲垣:あと、慎吾は「オールフリー」のオリジナルグラスのデザインもしたよね。
香取:そうそう。香取慎吾オリジナルデザイングラスプレゼントって、僕の夢だったんです。皆さん、どしどしご応募いただいて、お家で香取慎吾オリジナルデザイングラスを使ってください。
稲垣:あれは抽選なんだったっけ?
香取:応募してくれた皆さん全員にプレゼントします。
稲垣:僕にはプレゼントしてくれますか?
香取:吾郎ちゃんも応募してください(笑)。
稲垣:え、くれないの?

■塚地武雅 コメント
Q:撮影の感想をお聞かせください。
一面の海を船が進んでいく感じとか、飛行機雲が空をサーッと伸びていく感じとか、撮影した場所がとにかく絶景でして。そんな素晴らしいロケーションで、稲垣さん、香取さんと一緒に撮影できた のは楽しかったし、テンションが上がりました。やっぱりふたりはキラキラしているイメージがあるし、 憧れの存在でもあるので、ふたりを目指して崖を登っていくというシチュエーションは、役柄を飛び越えて、自分自身とリンクするというか。「置いてくなよ~」みたいなお芝居も、憧れに向かって進んでいっているような感じがして、すごく気持ちが入りやすかったですね。

Q:「オールフリー」のTVCM出演オファーが届いたときはどんな風に思いましたか?
飲料系のTVCMというのは憧れでしたけど、無理なんだろうなと思っていたときにこのお仕事をいただいたので、「うわー、俺にもとうとう来たか!」という感じでうれしかったです。「オールフリー」のTVCMは爽やかでスッキリしているイメージなので、最初は(僕で)大丈夫なのかなと思いましたが、ふたりに憧れる武士志望の男という立ち位置だと伺って「それやったらやらしてください」「完全にハマる自信があります」と。憧れの存在に向かっていって、仲間に入りたいという気持ちは誰しも持っているので、そのポジションで出演させていただけて、光栄だなと思います。

Q:塚地さんが演じた役どころの印象について。
憧れのふたりの志士の仲間になって、ちょっと世の中を変えてやるぞという野望を持った男で、ボロみたいな衣装を着ているんですけど、いろいろな生地のパッチワークになっているから、今の時代 から見ると、結構オシャレなんですよね。かっこよくもかわいくも見えるから、すごくありがたい衣装やなと思いました。そして、何より刀を差せたというのがうれしかったですね。昔、剣道部だったので、刀を持っている役というのにずっと憧れていて、ひとつ夢がかないました。あとは、いつか殺陣をやりたいというのが将来の夢なので、それもいつの日か実現できればと思います。

■加山雄三 コメント
Q:「オールフリー」について、どのような印象をお持ちでしたか?
「オールフリー」と出会えてよかったなと、つくづく思っています。「オールフリー」を初めて飲んだとき、よくぞこんな美味しいものをつくってくれたと、そう思いました。というのも、随分前に、健康のことを考えてお酒をやめたんです。でも、ほかの人たちと一緒にいるときに、美味しそうに(お酒を)飲んでるのを見ると、ちょっといいなと、思うこともあったんだけど、オールフリーがあれば鬼に金棒。今では自分も女房も周りのみんなが「オールフリー」。最高の出会いでした。

Q:「オールフリー」を選んだ理由は?
ノンアルコールビールテイスト飲料の中でいちばんおいしかったこと。健康はいちばん大切なこと。健康であればなんでもできると思うので、いつまでも元気でいないといけないし。年齢と健康を考えると、 安全(な選択)だな、と思っています。

Q:撮影中に飲んだ「オールフリー」はリニューアル後のものでしたが、気づかれましたか?
でしょ! だと思いました。全部飲んじゃった(笑)。泡が本当に美味しいんだよね。これは文句の言いようがないね。うれしいです。

Q:元気の秘訣を教えてください。
感謝の心。自分ひとりで生きているんじゃない、みんなのおかげで今の自分がある。そうすると心 の根っこが明るくなる。そうすると健康でいられるんじゃないかな。良くないのはストレスを抱えることや腹をたてることとかです。そうするとエネルギーがマイナス方向にいっちゃうんじゃないかと。「おかげさま」という気持ちを大切に、大自然に対しても感謝や畏敬の念を持って、そして出会った人たちとの縁にも感謝すると、明るい気持ちになれる。そういうことが健康の原点じゃないかなと思います。

「オールフリー」商品サイト
http://suntory.jp/ALLFREE/

新しい地図 OFFICIAL WEBSITE
https://atarashiichizu.com/

あなたにおすすめの記事