ここから本文です

超サッカーエリートだった丸山桂里奈が、バラエティタレントに転身した理由

2/13(水) 12:22配信

新R25

現在、バラエティで元カレの話をはじめとする赤裸々な恋愛ネタを中心に大活躍中の丸山桂里奈さん。
すっかりタレントとしてもお茶の間の人気者となっている彼女ですが、本来の肩書きは「元なでしこJAPAN」。

しかも、小学6年生でサッカーを始め、わずか1年で有名チームのセレクションに合格。
大学時代は全日本大学女子サッカー選手権大会を4連覇し、なでしこJAPANに入って2011年にワールドカップ優勝…という「超」がつくほどのエリートすぎるキャリアの持ち主だったんです。

しかし、約20年間サッカーにまっすぐ向き合いつづけてきた彼女は、なぜセカンドキャリアにバラエティの世界を選んだのか…?
そんな疑問を晴らすため、丸山さん本人に直接取材。
ご自身がサッカーを始めたきっかけを含むこれまでの経歴や、これからのことについても聞いてきました!

〈聞き手:いしかわゆき(新R25編集部)〉

【丸山 桂里奈】
本名:丸山 桂里奈(まるやま かりな)
生年月日:1983年3月26日
年齢:35歳(2019年2月時点)
職業:元サッカー日本女子代表(フォワード)・タレント
出身地:東京都大田区
血液型:A型
身長:162cm

経歴:
1994年 小学生6年生のとき、地元のサッカークラブでサッカーを始める
1995年 中学入学と共に読売メニーナに入団
2000年4月 東京経営短期大学村田女子高等学校在学中、第9回全日本高等学校女子サッカー選手権大会で第3位になる
2001年4月 日本体育大学体育学部体育学科へ入学、全日本大学女子サッカー選手権大会4連覇に貢献
2003年4月 在学中にサッカー日本代表(なでしこJAPAN)に選出。FIFA女子ワールドカップに出場
2004年4月 アテネオリンピックに出場
2005年4月 東京電力へ就職。東京電力女子サッカー部マリーゼに入団。Lリーグで8得点をあげ新人王を受賞
2008年4月 北京五輪日本代表に選出。得点を決められず、キャプテンの澤穂希から叱咤激励され奮起する
2010年4月 アメリカのプロリーグ・WPSのフィラデルフィア・インデペンデンスへ移籍
2010年9月 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースに移籍
2011年7月 FIFA女子ワールドカップに出場。準々決勝のドイツ戦で決勝点となるゴールを決め、日本の初優勝に貢献
2012年2月 スペランツァFC大阪高槻に移籍
2016年9月 引退を発表
2017年1月~現在 タレントとしてバラエティ番組を中心に活躍中

1/4ページ

最終更新:2/13(水) 14:59
新R25

あなたにおすすめの記事