ここから本文です

元中日・川上憲伸が見た、巨人・阪神キャンプ

2/13(水) 10:31配信

CBCテレビ

キャッチャーが不安?

「今年のジャイアンツの弱点は何か見つかりましたでしょうか?」(Cさん)

「そんなに見当たらないですが…」と前置きして続ける憲伸さん。

川上「キャッチャー陣ですかね。阿部捕手が戻ってきて開幕からスタメンでマスクを被るのか?そうなると多少ブランクがあるので、ジャイアンツにとって果たして良い方に行くのか?

逆に遠回りって言うんですか?キャッチャーのレギュラーが固定しないままいく可能性もあります。
小林捕手、銀仁朗捕手が入って来て、まだ誰が正捕手になるのかはっきりわからない状況でしたから、キャッチャーは苦労しそうですね」

ファンが心配するカットボール伝授

続いては阪神キャンプについて。こんなメールが届いています。

「ダメじゃないですか、他球団に伝家の宝刀・カットボールを教えに行っては。
ガルシアを取られた上に憲伸さんも口説くとは、縦縞球団は恐ろしいですね」(Dさん)

この日のスポーツ紙で、憲伸さんが浜地真澄投手にカットボールを教えた、と報道されました。

川上「基本的に新しい球種っていうのは、あくまでも感覚ですから。口で言ってるだけで果たしてどこまで効果があるかはわかりません」

もちろんドラゴンズからも求められれば…

川上「僕なんかで良ければいつでも使ってくださいという状況です」

だそうです。

阪神の印象

矢野監督になった阪神の印象は?

川上「矢野監督とはオリンピックのメンバーで一緒だったり、オフの間にゴルフもしましたし、ドラゴンズからタイガースに行かれた方々もいるんですよね。別の球団に行ったという顔なじみのスタッフがいたな、という感じでしたね」

「阪神で注目の選手。活きの良さそうな選手はいましたか?」(Eさん)

川上「気になったのは藤浪投手です。すっごい力強い球を投げてました。若干乱れる部分もありましたけど、今の時点で球速は十分。ドラゴンズには厄介な投手になりそうな気がしますね」

福留の思いやり

藤浪晋太郎投手の視察中、福留孝介選手がバッターボックスへ入ったそうです。
『気にせず当ててもいいから』という福留選手に、いきなりインコースに直球がズバッと来たそうです。
そんな緊張感のある場面もあったそうです。

川上「これは福留選手の思いやりだと思いますね。荒れてるピッチャーだと入らないでしょう。その中に入って行くというのは勇気もいること。何とかしてやりたいというのがあるんじゃないですかね」

昨シーズンの藤浪投手は大荒れの投球で一軍と二軍を行ったり来たり。投手では21世紀初となる満塁ホームランを打ったり、ドラゴンズから完封をあげたりと、後半は調子を上げていました。安定した投球をされると脅威です。

2/3ページ

最終更新:2/13(水) 17:49
CBCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事