ここから本文です

セネガル代表FWマネ、W杯の日本戦を回想「勝てると思っていたから驚いた」

2/13(水) 7:00配信

SOCCER KING

 セネガル代表FWサディオ・マネ(リヴァプール)が1月17日、自身愛用のニューバランス『FURON(フューロン) V5 PRO』の発表会に出席し、インタビューでロシア・ワールドカップの日本代表戦を振り返った。

 セネガル代表と日本代表はロシア・ワールドカップのグループステージ第2戦で対戦した。セネガルは11分にマネの得点で先制したものの、34分にMF乾貴士のゴールで振り出しに戻され、71分にDFムサ・ワゲが勝ち越しゴールを決めたが、78分にFW本田圭佑の同点弾で追いつかれ、2-2の引き分けで終わった。

 あの夏の激闘から約8カ月。マネは「簡単ではないにしろ、勝てると思っていたから驚いたよ」と正直に振り返り、日本代表について「とても前向きで諦めない素晴らしいチームだ」と印象を語った。

「スキルのあるとてもいい選手が揃っている。日本のチームスピリットが好きだね。日本は0-1から1-1、1-2から2-2と追い付いてきた。決して諦めることないポジティブなチームという印象だ。ベルギーに勝てなかったのは残念だった。でも次はいい結果になることを願っているよ」

 また、試合で印象に残った選手については、「ヨシダとは2年間一緒にサッカーをしたからね」と、サウサンプトン時代にチームメイトだったDF吉田麻也の名前を挙げ、「今でも連絡を取り合っているよ。思いやりのあるとてもいい人だ」と話した。

SOCCER KING

最終更新:2/13(水) 7:00
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事