ここから本文です

仲間由紀恵が出産後初CM「親バカスイッチ」オン

2/13(水) 4:00配信

日刊スポーツ

女優仲間由紀恵(39)が昨年6月に双子の男児を出産した後、初めてのテレビCMが15日から放送される。

【写真】母親になって初のCMが放送される仲間由紀恵

JA共済の「こども共済」のCMで、わが子を思う母の気持ちをチャーミングで表現している。

「気になる編」では、「母、仲間由紀恵は気になることが増えてきた」のキャッチコピーのもと、JAのライフアドバイザーに「子ども共済」への加入を相談。「まだ小さくて、かわいくて、天使みたいで…」と子どのことを話し始めた途端に“親バカスイッチ”がオンになり、机をバンッとたたき、目を大きく見開いて迫力満点の熱演を見せ始める。

仲間は母になってからの自身の変化について「今までは自分のこと、自分たちのことだけでしたが、ライフステージが変わって、やはり子どもが中心の生活になった」と話す。保障や貯蓄性などを考慮した結果、実際に「こども共済」に加入したという。「将来の不安というものが、安心というものに変わったなという風に感じている」。

最終更新:2/13(水) 14:18
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事