ここから本文です

阪神・掛布SEA 丸加入の巨人を警戒

2/14(木) 18:41配信

東スポWeb

 阪神・掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA=63)が14日、巨人の沖縄・那覇キャンプを敵情視察に訪れた。

 原辰徳監督(60)と旧交を温めながらも、掛布SEAの視線の先はやはり新加入の背番号8。「丸君の加入で打線に厚みが出てきた。手ごわい相手になる」と警戒感を示した。また、あいさつを受けた千葉出身の後輩・阿部へは「まだまだ老け込む年齢じゃない。子供のころから知っているし、最後まで頑張ってほしい」とエール。「伝統の一戦とも言われているので、ファンが喜ぶ試合を甲子園、東京ドームでやってほしい。広島の4連覇を止める1番手は阪神、2番手は巨人」と両球団の巻き返しに期待を寄せた。

最終更新:2/14(木) 18:41
東スポWeb

あなたにおすすめの記事