ここから本文です

来年のフェブラリーS 東の注目若駒を言わずにはいられない

2/14(木) 22:25配信

東スポWeb

【美浦トレセン発秘話】来年のことを言えば鬼が笑うという。だが、言わずにはいられない。西高東低の図式がとりわけ顕著なのがダート路線で、フェブラリーSがGI昇格後、関東馬のVはわずかに3回。昨年ノンコノユメが制するまで実に19連敗(地方競馬所属馬Vが1回)を記録した。今年のフェブラリーSも東から参戦は昨年の覇者1頭のみという惨状だ。ゆえに今週ヒヤシンスS(3歳オープンL、東京ダート1600メートル)にこそ記者は来年の夢を託す。登録馬を見ると少しずつ光が差し込んできた印象も…。そう、上位人気は揃って東の精鋭たちだ。

「前走(全日本2歳優駿=2着)はゴール過ぎにはかわしていただけに、惜しい頭差だったね。ただ、どの競馬場でも物おじせずにしっかり走れるのがこの馬の良さ。放牧でしっかり休養を取って馬体が充実し、以前より追い切りも動くようになってきた。今回は斤量が他より1キロ重くなるけど、しっかり勝てるように仕上げたい」

 こう言って胸を張ったのはデルマルーヴルを送り出す戸田博文調教師。鞍上が兵庫ジュニアGPまで3連勝したルメールに戻るのは心強いが、指揮官には「この馬にはまだ隠された上のギアがありそう」との見立てもある。オフレコ話なので記事にできないが、おそらくレース映像を見てもらえれば読者もその理由が分かるだろう。“第2のルヴァンス”たる可能性も秘めた馬である。

 一方で「自分の走りができればヒケは取らない」とはメイクハッピーを担当する遠藤英美厩務員。全日本2歳優駿は0秒9差4着に終わったが、こちらも巻き返しに手応えを示している。

「初めてダートからのスタートだったせいか、前走はクビくらい出負け。その分、道中は内で窮屈な競馬を強いられましたね。ただ、芝スタートだった東京2戦の出はまさにロケット。ゲートセンスがいいので、どんな競馬もできるのが最大の強みでしょう。先週末のウッドの動きも良く、感じはいいですよ」

 ダート施行に替わった1997年以降、優勝はオール牡馬と、牝馬にはハードル高き特別戦だが「以前に担当した地方競馬所属のマスクトヒーロー(中央ダート5勝)くらいの素質は感じる」とあれば侮れまい。いずれにせよ、“砂のフューチュリティS”の呼称にふさわしいダートの出世レース。いくら鬼が笑おうとも…。来年のフェブラリーSを意識させるくらいの走りを東の若駒たちに期待したい。

最終更新:2/14(木) 22:25
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事