ここから本文です

いらなくなったフリースをリメイクして小物(指なし手袋・足首ウォーマー・鍋敷き)を作ろう

2/14(木) 8:00配信

マネーの達人

プチプラファッションの代名詞ともいえる「フリース」。

もはや一家に1枚はあるといっても過言ではないでしょう。

古くなっても、ただ捨てるのはもったいないです。

そこで今回は、フリースのトップスを手袋やレッグウォーマーなど冬に活躍する小物にリメイクするカンタンな方法をご紹介します。

フリースの袖から指なし手袋を作ってみよう!

ずぼらさんでもできる超簡単レシピです。

冬にパソコンなどの作業をすると、手先が冷えることはありませんか。

柔らかいフリース生地の指なし手袋なら、家の中の作業にぴったり。車を運転する時などにもおすすめです。

■用意するもの
いらなくなったフリースのトップスの手先部分 約22cm

作り方
1. まず親指が出る穴を開ける。袖口から3.5cmのところの縫い目を3cmほどきます。(開ける場所や大きさは自分の手に合わせ調整してください)

2. 開けた穴の両端をほつれてこないように返し縫いをします。手縫いでも可。(青色の矢印の場所)

3. フィットさせたい場合は、裏返して赤色の線の部分を縫い、手首の幅に合わせます。不要な部分は切り取ります。

4. 手を入れる側を1.5cmほど折り込んで縫います。(フリースは三つ折りにすると分厚くなるので、二つ折りで処理)

5. 表に返してでき上がり。もう片方も同じように作ります。

レッグウォーマー(足首ウォーマー)

先ほどの手袋を作った残りの腕の部分から、足首ウォーマーを作ります。

または、手袋を作らずに腕全体を使うと、レッグウォーマーができます。

用意するもの
いらなくなったフリースのトップスの腕部分 欲しい長さ+3cm

■作り方
1. 裏返して、上下を1.5cm折って縫います。この時に、ゴムを入れるために少し縫わない部分をつくります。

2. 上下にそれぞれゴムを通します。

3. ひっくり返して表地を出します。

もう片方も作ります。

鍋敷き

これからお鍋の季節も本番を迎えますね。

フリースを中の生地に使った鍋敷きを作ってみませんか。

こちらはでき上がりが約17cm四方の鍋敷きです。

お好みの大きさにしたい方は、欲しい大きさ+1.5cmの縫い代で調整してください。

表用、つまり一番外側の生地は、余り布でもいいですし、不要になった洋服を切り取ったものでもかまいません。

化繊は熱に弱いので、綿や麻などが良いでしょう。

1/2ページ

最終更新:2/14(木) 8:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事