ここから本文です

「握手すれば情報が伝わる」業界初!人体通信技術を婚活パーティに導入

2/15(金) 19:06配信

AbemaTIMES

握手するだけで、言葉より多くの情報を瞬時に伝えられる!これまでにないコミュニケーション支援でカップル成立を後押し

 イオングループの結婚相手紹介サービス、株式会社ツヴァイは、人体通信技術を用いて情報をやり取りする、これまでにないコミュニケーション支援サービス『HiT』(ヒット)を、業界で初めて、婚活パーティに導入することが分かった。

 『HiT』は、株式会社QUANTUMが、パナソニック株式会社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(以下パナソニック(株)AIS社)の開発した人体通信技術を用いて情報をやり取りする、これまでにないコミュニケーション支援サービス。

 人体通信技術とは、握手やタッチといったカラダに触れる自然な動作だけで認証や通信する技術のことで、今回QUANTUMが提供を開始する『HiT』は、パナソニック(株)AIS社の開発した人体通信技術を搭載した特殊デバイスを身につけた人同士が触れ合うことで、伝えたい情報を相手に瞬時に伝えることを可能にしたサービス。ビジネスシーンやパーティなど、人と人が円滑なコミュニケーションを必要とするシーンにおいて、スマートフォンや電子カードを取り出したり、メールを送ったりすることなく、握手などの自然な触れ合いだけで情報をやり取りすることができる。

 2月17日(日)の『HiT』の提供開始に伴い、ツヴァイは、業界で初めて婚活パーティに活用。握手をきっかけに、言葉より多くの情報を瞬時に伝えることができる新サービスで、参加者のコミュニケーションを後押し、カップル成立につなげていく。

 『HiT』は、パナソニック(株)AIS社の人体通信技術を使い、人と人が自然な動作で情報をやり取りする新しいコミュニケーション支援サービス。特殊デバイスを身に着けた人同士が握手やタッチをすることで、瞬時に伝えたい情報を伝えることができるというもの。

 『HiT』が活用する人体通信技術においては、タッチをする人やタイミングが情報伝達のトリガーとなるため、一人ひとりにパーソナライズされた情報伝達が可能で、人と人のコミュニケーションはもちろん、「ドアノブに手をかけただけで開くドア」、「ハンドルを握るだけでロック解除されるシェアサイクル」「何かに触れたタイミングのログ採取と分析」など、人とモノとの通信にも使用可能だ。

 普段の自然な行動の中で情報を伝達することができるため、今回導入が決定している婚活パーティのような機会だけでなく、ビジネスシーンやアミューズメントパーク、イベント、産業用途など幅広い場と機会で様々な用途・演出に活用することができる。

最終更新:2/15(金) 19:06
AbemaTIMES

あなたにおすすめの記事