ここから本文です

中日164キロ左腕ロメロがシート初登板で貫禄の151キロ「低めに集められた」

2/15(金) 12:40配信

Full-Count

打者7人と対戦して被安打1、2つの三振を奪う

 中日の新助っ人エンニー・ロメロ投手が15日、キャンプで初めてシート打撃に登板した。自己最速102マイル(約164キロ)を誇る左腕は、打者7人を1安打に封じ、早速、151キロをマークした。

【写真】大野雄の圧巻投球に高橋周平のバットが真っ二つ! 根元からへし折れた瞬間の1枚

 ベテランの山井大介投手、吉見一起投手、ジョエリー・ロドリゲス投手とともに実戦形式のマウンドに上がったロメロ。先頭のビシエドを中飛に打ち取り、続くルーキーの滝野には左前安打を浴びると、ここから徐々にエンジンがかかってくる。

 続く福田を149キロで見逃し三振、渡辺も149キロで押し込み左飛に仕留めると、モヤへの初球はこの日最速となる151キロを記録。モヤを中飛に打ち取ると、最後は石川を148キロで空振り三振に。被安打1。2つの三振を奪い「自分としてはうまくいったと思う。やろうとしていることが出来ていて良かった。ボールを低めに集められたことが収穫」と納得の表情だった。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:2/15(金) 13:06
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事