ここから本文です

スーパーGT:D'station Racing AMR発進! アストンマーチン・バンテージGT3と藤井&JPの強力コンビでGT300参戦

2/15(金) 12:25配信

オートスポーツweb

 スーパーGT GT300クラスに参戦するD'station Racingは2月15日、2019年のGT300参戦体制を発表した。新たにアストンマーチン・レーシングとパートナー契約を結び、チーム名を『D'station Racing AMR』に変更。新型アストンマーチン・バンテージGT3をGT300クラスに投入し、藤井誠暢とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラという強力なコンビで参戦することになった。

【写真】ボディにはD’stationのロゴをはじめ、ASTON MARTIN RACING、AMRのロゴもあしらわれる

 新たなエントラントをはじめ、楽しみな要素が多い2019年のGT300クラスに、新たなビッグエントリーが登場した。2017年からエンターテインメント企業であるネクサス株式会社のCSR活動としてスーパーGTに参戦を開始したD'station Racingが、アストンマーチンとパートナー契約。D'station Racing AMRとして、今季からデリバリーがスタートする新型バンテージGT3を投入することになったのだ。

 公開されたそのマシンカラーリングを見ると、その“本気度”がうかがい知れる。D'stationのコーポレートカラーであり、アストンマーチンのイメージを想起される深いブリティッシュグリーンに、D'station Racingのロゴが描かれ、さらに大きく『ASTON MARTIN RACING』のロゴ、さらに1月の東京オートサロンでも日本でPRされたパフォーマンスサブブランド、『AMR』のロゴが躍る。

 マシンに描かれたラインは“AMRイエロー”と呼ばれるもので、チーム名に『AMR』がつくことから、公式な提携が結ばれた実質的なワークス待遇だ。メンテナンスをGT300で豊富な実績が誇るKTRが担当することは2018年から変わらないが、アストンマーチン・レーシングのテクニカルサポート、エンジニア派遣が行われる。そしてこのチームを束ねるのは、今季も“大魔神”佐々木主浩総監督だ。研究熱心で、チームも驚く戦略を講じることもあるその采配も注目だろう。  

 そしてドライバーラインアップも魅力だ。GT3車両の豊富な実績を誇り、これまで通算9勝を挙げている藤井誠暢に加え、2018年までGT500クラスで戦っていたジョアオ-パオロ・デ・オリベイラが加入。さらに長距離レースでの第3ドライバーには、押しも押されぬアストンマーチンのエース、ダレン・ターナーが起用された。

 ちなみに藤井はこれまでスーパーGTではアストンマーチンの経験はないが、2013年のドバイ24時間ではアストンマーチンV12バンテージGT3をターナーとともに駆り総合3位に入った実績をもっている。もちろんターナー起用は、アストンマーチン本体のスーパーGTに賭ける意気込みと言ってもいいだろう。

 当然パフォーマンスはGT3カーだけに性能調整にもよるが、AMG製4リッターターボを積むバンテージGT3は、基本設計をバンテージGTEと共用しており、すでに行われたアブダビ12時間等のレースでも高いパフォーマンスを披露している。2019年のGT3における期待のマシンだが、アジアでも導入決定は初。その戦いに大いに注目が集まる。

 日本はアストンマーチンにとっても重要なマーケットであり、今回のD'station Racing AMRの強力な体制変更は、今季からDTMドイツツーリングカー選手権にもクラス1車両が登場する動きと連動して考えたくもなる。

 今季のGT300クラスの話題の中心のひとつとなりそうなD'station Racing AMR。その走りに今から注目だ。

D'station Racing AMR 2019年スーパーGT参戦体制
カーナンバー:7
チーム名:D'station Racing AMR
車両名:D'station Vantage GT3
ドライバー:藤井誠暢/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(第3ドライバー:ダレン・ターナー)
タイヤ:横浜ゴム
メンテナンス:KTR
テクニカルサポート:アストンマーチン・レーシング
チーム代表:星野敏
チーム総監督:佐々木主浩
チーム監督:武田敏明
AMRエンジニア:マーク-アンドレ・クート


[オートスポーツweb ]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事