ここから本文です

【MLB】元広島ジャクソン、ブルワーズとマイナー契約 メジャー昇格なら年俸1億円超

2/16(土) 17:06配信

Full-Count

ブルワーズが発表、広島では3年間で通算175試合に登板

 昨季まで広島でプレーしたジェイ・ジャクソン投手がブルワーズとマイナー契約を交わしたと球団が発表した。米最大の移籍情報サイト「MLBトレード・ルーモアズ」が伝えている。

【写真】新助っ人レグナルト、早くも“広島愛”炸裂! マツダスタジアムの写真とともに「Sweet home」と言葉を添える

 ジャクソンは2015年にメジャーデビューし、2016年からは広島でプレー。セットアッパーとして3シーズンで通算175試合に登板し、10勝8敗2セーブ92ホールド、防御率2.10の好成績をマーク。リーグ3連覇に貢献した。

 昨季は48試合登板で3勝2敗1セーブ25ホールド、防御率2.76の成績で、シーズン終了後に自由契約に。4シーズンぶりに米復帰を果たすことになった。

「MLBトレード・ルーモアズ」は「ブルワーズがジェイ・ジャクソンと契約」とのタイトルでレポート。「ブルワーズは右腕ジェイ・ジャクソンとマイナー契約をしたと球団が発表した。もし彼がメジャーのロースター入りをすれば、100万ドル(約1億1500万円)が支払われると、MLBネットワークのジョン・ヘイマンが伝えている」と、敏腕記者として知られるヘイマン氏のツイッターの情報をもとに報じている。

 さらに、記事ではジャクソンが7シーズンのマイナー生活の後にメジャーデビューを果たしたことなども回顧。広島での3年間の成績も紹介しつつ、「速球派右腕は最初に(メジャー契約の)40人のロースター入りを果たす必要があるが、彼がマイナーで何らかの成果を見せてくれることに期待したい」と締めくくっている。

 広島で人気を誇った元助っ人右腕は、昨季ナ・リーグ中地区を制してリーグ優勝決定シリーズまで進んだ強豪で、4年ぶりにメジャーのマウンドに立つことができるだろうか。

Full-Count編集部

最終更新:2/16(土) 17:06
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事