ここから本文です

AKB48チーム8、リクアワで雪辱V! 涙の舞台秘話明かす

2/18(月) 0:20配信

ニッポン放送

1月30日(水)、ラジオ番組「AKB48のオールナイトニッポン」が放送。1月18・19日に、東京ドームシティホールで開催された「AKB48グループ リクエストアワー セットリスト ベスト100 2019」(通称・リクアワ)で、1位にランクインした楽曲『47の素敵な街へ』を歌う、AKB48チーム8のメンバーが生出演した。

出演したのは小田えりな(神奈川県出身)、佐藤栞(新潟県出身)、山田菜々美(兵庫県出身)、倉野尾成美(熊本県出身)の4人。“リクアワ”はAKB48 グループ楽曲の中からリクエストを募り、 上位 100 位にランクインした楽曲をランキング形式で発表する、今年で11回目を迎えた人気イベントで、今回1位となった楽曲『47の素敵な街へ』は、地域に密着した「会いに行くアイドル」をコンセプトとするチーム8の代表曲。一昨年、昨年は同曲が2位という結果で悔し涙を流してきた彼女たちだが、今年はうれし涙を浮かべてパフォーマンスした。

この日の「オールナイトニッポン」では、『47の素敵な街へ』のライブ音源をオンエアしたほか、4人がチーム8を代表して感謝の気持ちや、順位を発表された瞬間のこと、舞台裏の話を語った。

山田菜々美:私たちは念願の一位をいただきましたけど、今まで何回も『47の素敵な街へ』を歌ってきて、一位を取って歌ってみてどうでした?

小田えりな:リクエストアワーっていつものライブと違っていつ披露できるか分からないじゃないですか? (『47の素敵な街へ』は)いつも2位だったから、今年こそ1位って気持ちで目指していたから2位の発表の時とかすごくドキドキして、すごいドキドキ……

佐藤栞:どうしたの!?(笑)

小田:すごい感極まって! 「47」の文字が見えなかったときには、もう本当にみんな泣いていたから

山田:その時が一番泣いた。2位じゃなかったから

佐藤:すごい叫んじゃった。ワーって

倉野尾成美:しおりん(佐藤)が一番泣いていたって、ファンの人に聞いたんだけど。そんなに泣いたの?

佐藤:違うんだよ、確かに泣きました。これは認めます。たぶんだけど、みんな泣いていたと思うんだけど、発表されてモニターにバーンってなる(映し出される)じゃん? 私はど真ん中ですごく泣いていたから、カメラマンさんが、この子撮れるぞ、って思ったのかそこからマークされて、ずっと抜かれているの。だからめっちゃ泣いているように見えたのかなと。みんな泣いていた!

小田:映像を見たの。イントロの時に皆ポーズをとって準備するじゃん? その時にしおりんだけ揺れていたんだけど

佐藤:立ち位置間違えた(笑) めっちゃ外側にいたから、グイって引っ張られて、うわぁ~ってなっていたの

山田:客席に行く感じになって、そこからハイタッチしてメンバーとすれ違う場面があったんだけど、(チーム8の)横山 (結衣)と濱咲友菜は結構泣いていた

佐藤:みんな泣いていたよね!

山田:一番の思い出ってある?

佐藤:今年のリクエストアワーではチーム8の新曲『蜂の巣ダンス』 がランクインしたでしょ? 披露した時に会場の盛り上がりが本当に凄かったらしくって

小田:凄かった!

佐藤:裏で高橋朱里さんとかに『「蜂の巣ダンス」ってあんなにいい曲だったんだね! 盛り上がりもすごいし大好きになったよ』って言ってもらって、誇らしくなった!

(1月30日深夜放送 ニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」より)

ニッポン放送

最終更新:2/18(月) 0:20
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事