ここから本文です

2019年4月から国民年金保険料が出産で免除になるって本当?

2/18(月) 19:30配信

ファイナンシャルフィールド

従来の保険料免除制度との違い

従来からある保険料免除制度(法定免除、申請全額免除など)による免除を受けた場合は、当該期間は保険料免除期間として扱われ、納付済期間より少ない額でしか年金額に反映されませんので、その点が産前産後の免除と大きく異なります。

制度改正により、産前産後期間が納付済期間となるため、既に国民年金保険料を複数月分前倒しで納付(前納)していた人は、そのうちの産前産後期間中の保険料の還付を受けることもできます。

また、従来の保険料免除制度と異なり、産前産後に免除された月については、付加保険料(月額:400円)を納付することや国民年金基金の加入員となることもできます。

本体の国民年金保険料は免除されるのに、これら第1号被保険者のための上乗せの年金制度への加入はできることになります。一方、海外在住の日本人など国民年金に加入義務がない人で、任意に加入している人はこの産前産後による免除は受けられません。

産前産後期間の免除についての手続きは、出産予定日の6か月前(ただし、2019年4月以降)から可能となっていますので、該当する人は市区町村役場に届出を行いましょう。

執筆者:井内義典(いのうち よしのり)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者、特定社会保険労務士、1級DCプランナー

ファイナンシャルフィールド編集部

2/2ページ

最終更新:2/18(月) 19:30
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事