ここから本文です

スーパーフォーミュラ:ニューウェイ車をGOLDEXがサポート。『GOLDEX Team B-Max Motopark』として参戦へ

2/18(月) 16:49配信

オートスポーツweb

 システム/アプリケーション開発事業やマルチ決済ソリューション事業を手がけるGOLDEX株式会社は2月18日、全日本スーパーフォーミュラ選手権に2019年から2台体制で参戦するB-Max Racing with Motoparkをスポンサードし、『GOLDEX Team B-Max Motopark』として、スーパーフォーミュラのハリソン・ニューウェイ車とFIA-F3アジアシリーズに参戦すると発表した。

 2018年のマカオグランプリで提携が発表されたB-Max Racing Teamとドイツのモトパークは、2019年に向けてスーパーフォーミュラで2台体制を、さらに全日本F3選手権、FIA-F3アジアシリーズへのエントリーを表明している。そんなチームの心強いパートナーとなったのがGOLDEXだ。すでにマカオではモトパーク・アカデミーからFIA F3ワールドカップに参戦した3台のマシンをGOLDEXがサポートし、世界に鮮烈な印象を残している。

「昨年、ヨーロッパで最強チームのひとつであるモトパーク・アカデミーと一緒にマカオGPを戦い、表彰台を獲得することができて、非常に大きな感動を得られました。モータースポーツの世界はハイテクノロジーを競い合う世界ではありますが、最後は人間力の戦いです。技術者としての生きかたを貫いてきた自分にとって、モータースポーツの世界は、ある意味でその哲学が共通する非常に魅力的な世界です」と語るのはGOLDEX 株式会社の坂本和也代表取締役社長。

「我々は、昨年のマカオGPでの成功に留まることなく、新たなステップへと挑むため、今季はB-Max with Motoparkとともに国内モータースポーツの頂点である、全日本スーパーフォーミュラ選手権へと挑戦することを決めました。日本とヨーロッパの技術の融合が、若く才能あふれるハリソン・ニューウェイ選手とともに素晴らしい戦いをみせてくれることを願っております」

「GOLDEX株式会社は、さまざまな技術ジャンルで日夜研究開発に励み、快適なキャッシュレス化社会への発展に貢献させていただく会社です。ライバルによって技術は磨かれると思っておりますが、レースの世界もまさにそれで、速いライバルの登場が自らを高め、一気に時代を変えるチャンスが訪れます。チャレンジ、イノベーション、スピードを企業活動の基本に置き、持続的な発展を目指している弊社にとって、モータースポーツは非常に重要なマーケティング・ポイントだと考えております」

 今回発表されたニューウェイ車のカラーリングには、GOLDEXのパートナーであるシンガポールのEIGHT GATE社が運営するCRYPTO TOWERと8 coinのロゴも掲出され、さらにニューウェイの父であるエイドリアン・ニューウェイが関係が深いグランツーリスモのロゴも掲出される。なおチームによれば、エイドリアン・ニューウェイも時間が許す限りハリソンをサポートしたい意向だとか。

 新たなスポンサーを得たGOLDEX Team B-Max Motopark。今季のスーパーフォーミュラにおける注目チームなのは間違いないだろう。

[オートスポーツweb ]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事