ここから本文です

【速報】大坂なおみが第1セットを落とす。世界67位ムラデノビッチとの2回戦[ドバイ・デューティフリー・テニス選手権]

2/20(水) 1:10配信

THE TENNIS DAILY

「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」(アラブ首長国連邦・ドバイ/2月17~23日/ハードコート)の大会3日目、女子シングルス2回戦で第1シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が世界67位クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)と対戦。第1セットは3-6で大坂が落とした。

【LIVE速報】大坂なおみ VS ムラデノビッチ

両者の過去の対戦は1度のみ。昨年の同大会で勝利して以来の対戦となった。昨年はムラデノビッチが第8シード、大坂がノーシードでの対戦だったが、今回は大坂が第1シード、ムラデノビッチがノーシードとなっている。大坂は世界ランキング1位になってから初めての試合。見事勝利し、3回戦進出を果たせるのか、注目が集まる。

第1セットは大坂のサービスゲームからスタート。第1ゲーム、大坂はゲームポイントを握ってはいたが、ムラデノビッチに追い上げられてブレークを喫し、いきなり1ブレークダウンとされた。続く第2ゲームで大坂は2本のブレークポイントを握ったが、粘るムラデノビッチにしのがれてしまう。さらに第3ゲームでも大坂はミスが目立ち、ラブゲームでムラデノビッチにブレークを許し、序盤3ゲームを落とした。

それでも大坂は、第4ゲームで2本のブレークポイントを握る。1本はしのがれたが、続くプレーでブレークを1つ返すと続く第5ゲームをキープし、1ブレークダウンとした。

チャンスを作りたい大坂だが、その後はお互いキープが続く。すると、第9ゲームで0-40と3本のセットポイントを握られてしまった。粘る大坂が1本はしのいだが、続くプレーで大坂がダブルフォルトをしてしまい、3-6で第1セットを落とした。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:2/20(水) 1:14
THE TENNIS DAILY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事