ここから本文です

フィフィSNSの誤情報をメディアも拡散、「PVは麻薬」早さ優先のネット記事の功罪

2/20(水) 7:02配信

AbemaTIMES

 タレントのフィフィが、自身のSNSで蓮舫議員について誤った情報を発信。さらに、その発言がネットニュースで事実のように報道されたことが問題になっている。

 きっかけとなったのは17日、フィフィが自身のTwitterで「私は問いたい、なぜ平成16年の警察の積極的介入を盛り込んだ児童虐待防止法改正に反対した蓮舫議員が、今回の虐待死の件で現政権を責めることを出来るのか、私はその真意を問いたい。あなたは本当に国民の側に向いているのですか?それ以前に同じ親の立場として問いたい、なぜあの時反対をしたのですか?」と立憲民主党・副代表の蓮舫議員を猛烈に批判したこと。

 しかし、この発言は誤りで、全くの事実無根だった。まず、投稿では蓮舫議員が反対したことを責めているが、児童虐待防止法の改正は全会一致で可決されており、反対した議員は1人もいない。さらに、この法案は平成16年4月に国会で成立したものだが、そもそも蓮舫議員が議員になったのはその年の7月。つまり、蓮舫議員は当時議員ですらなかった。

 しかし、このフィフィの発言は瞬く間に拡散され、日刊スポーツやスポーツ報知などが取り上げさらに拡散した。当然、蓮舫議員は「何か誤報が流布されているようです。(フェイクです)」と報道を真っ向否定。批判が殺到したフィフィは蓮舫議員に謝罪し、当該の投稿も削除した。一方、フィフィの投稿を掲載した日刊スポーツは「事実関係について十分に確認しないまま、掲載をしてしまいました。関係者に、お詫びいたします」と謝罪し、当該記事も削除した。

 蓮舫議員は一連の騒動後、「大手メディアもファクトチェックをせずに記事を配信しているようで…、残念です」とツイートしている。

 ネットニュースにおける事実確認とスピード感の関係について、元朝日新聞記者でBuzzFeed Japan記者の神庭亮介氏は「ページビュー(PV)は、少しでも早く出した方がYahoo!ニュースのトピックスに掲載されやすいということがあるように、ある意味で麻薬。そこにとらわれて早さ優先になっていった結果、正確さが疎かになるという憂慮すべき事態になってしまった」と警鐘を鳴らす。

1/2ページ

最終更新:2/20(水) 7:02
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事