ここから本文です

硫黄山県道に新ルート 噴気避け複数検討

2/20(水) 11:11配信

宮崎日日新聞

 霧島連山・硫黄山(1317メートル)の火山活動で通行止めが続くえびの市・えびの高原の県道小林えびの高原牧園線(県道1号)について、県が規制解除後すぐに噴気地帯を迂回(うかい)する新ルートの着工を検討していることが19日、分かった。噴気などにより路面が波打つなどして傷んでいるほか、道路下の空洞化も懸念されるため。解除後すぐに着工することで観光面の早期回復を目指す。

宮崎日日新聞

最終更新:2/20(水) 11:11
宮崎日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事