ここから本文です

【Q&A】あらためて知りたい辺野古県民投票 正しい記入例は? 投票運動はOK?

2/20(水) 6:25配信

沖縄タイムス

 名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票が24日、投開票される。辺野古埋め立てに絞って県民が直接意思を示すのは初めてで、国内外からも注目が集まっている。すでに県内各地で期日前投票も始まっている。県民投票を前に、あらためて投票に至った経緯や意義、埋め立てを巡る政府、県の主張などをまとめた。(「県民投票」取材班・嘉良謙太朗)

【月曜から夜ふかし】妻を愛するキャラが話題の「嫁ニー」に聞いた沖縄県民の本音

投票方法 いずれかに「○」だけ

 投票では埋め立てについて、「賛成」「反対」「どちらでもない」のいずれかの欄に「○」を一つだけ記入するんだ。○を複数の欄に記入したり、×や△などの記号、文字を書いたりした場合は、白紙と同様に無効となるので注意してね。

 投票できる人は13日時点で日本国籍を有する満18歳以上(14日生まれも含む)で、県内の市町村に3カ月以上住所があり、投票資格者名簿に登録されている人となっているよ。

 仕事や旅行などで投票日当日に投票できない人たちのために期日前投票があり、指定病院・施設に入院中の人などもその施設内で不在者投票ができるんだ。目の不自由な人のために、点字投票用紙も準備されているよ。

Q1 なぜ実施することになったの?

◆民意を明確に示す

 今回の県民投票は、米軍普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古沖で進めている新基地建設のための埋め立てについて賛否を問うことが目的なんだ。辺野古の問題だけに絞って投票するのは初めてだね。

 県民はこれまでの選挙で何度も新基地反対の民意を示してきたんだけど、政府は「選挙の争点はさまざま」として工事を進めているんだ。昨年12月にはついに埋め立て区域に土砂が投入されたね。

 辺野古の問題を巡って国と県が争った裁判でも、2016年の福岡高裁那覇支部判決で、新基地反対の民意なのか、基地負担軽減を求める民意なのか明らかではないと判断されたんだ。

 こうした背景もあって、じゃあ辺野古の問題一本に絞った県民投票で民意をはっきりさせようと、市民グループの「『辺野古』県民投票の会」が署名を集めて、県に県民投票条例の制定を求めたのが始まりだよ。

 県民投票では「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択で埋め立ての賛否を問うんだけど、もともとは賛否の2択だったんだ。でも、5市の市長が県民投票の不参加を表明して全市町村での実施が難しくなったので、3択で政治決着したという経緯があるよ。

1/3ページ

最終更新:2/20(水) 11:00
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事