ここから本文です

<トルコ>学校のスカーフ禁止に抵抗した少女たち(3) 通学断念強いられた女子大生を支えた家族

2/21(木) 13:20配信 有料

アジアプレス・ネットワーク

◆「これは神さまが定めたこと。私には背けない」

97年の大学での女子スカーフ禁止措置は、イスラム団体の反発や教育現場の混乱を招いた。大きな社会的議論となり、告知はしても実施しない大学もあった。写真はゼヘラがカバンにつける「教育を受ける権利」を求めるバッジ。(2001年・撮影:玉本英子)

ボアズィチ大学のスカーフ着用禁止措置で大学にいけなくなってしまったゼヘラ・カルカン(21才・当時)。学業を断念してまで、スカーフを脱がないのはなぜなのか。彼女を訪ね、家族からも話も聞くことにした。(2001年取材・玉本英子・アジアプレス)

彼女の家はイスタンブールの新興住宅地にある。近くには、当時、各地で立ち始めた大型ショッピングセンター・カルフールがあった。広大な駐車場に家族連れの車が列を作る。めざましい近代化と中産層の登場は、のちに新興国への仲間入りをするトルコの姿を象徴していた。

小さな部屋は妹とふたりで使う。勉強机に並ぶ大学の教科書や宗教関連の書籍が並ぶ本棚今回の大学の着用禁止通達で、校内だけスカーフを脱ぐ選択をした女子学生が多いなか、ゼヘラはどうして学業を断念してまで、スカーフを脱ごうとはしないのか。その強い思いはどこから来るのか。私が問いかけると、彼女は言った。

「これは神さまが定めたこと。私には背けない」。
そして、聖典クルアーンのトルコ語解説書から、その教えを記した一節を読んでくれた。

【信徒の女たちに言ってやろう。慎み深く目を下げて、貞淑を守れ。外に表われるものの外は,彼女らの美しいところは人に見せてはならぬ。胸の上には蔽いをかぶせるよう】 (クルアーン・光章:31節)

トルコ語だけでなく、併記されたアラビア語も、たどたどしいながらきちんと読み上げた。

ゼヘラは大学入学前、イマム・ハティップ校に通った。ここはいわゆるイスラム神学校で、トルコ各地に設置されている。もともとモスクで教えを説くイマムなどを養成する教育機関だ。ゼヘラはこの学校でクルアーンや教義、イスラム史などを学んだ。一般校とは区別されていて、スカーフ着用も認められている。 本文:2,200文字 写真:8枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:2/22(金) 10:30
アジアプレス・ネットワーク

おすすめの有料記事

もっと見る