ここから本文です

JAL、「蔦」の鶏油混ぜそば再登場 3月からエコノミーで

2/21(木) 21:20配信

Aviation Wire

 日本航空(JAL/JL、9201)は、、国際線プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスの日本発機内食で、東京・巣鴨のラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦(つた)」の混ぜそば「AIR Japanese Soba Noodles 蔦」を、3月1日から提供する。同クラス向けとしては昨年に続き2回目の提供になる。

 蔦は2012年1月に開店したラーメン店で、ミシュランガイドの1つ星を獲得。トリュフオイルと鶏油(チーユ)を合わせたタレと、麺を絡めて食べる混ぜそばとして用意する。蔦の店舗で提供したことがある限定メニュー「鶏油 Soba」を、機内食用にアレンジしたという。トッピングとして、鶏肉とメンマ、ネギ、錦糸卵をそろえる。

 提供路線は、成田発がシカゴ、ダラス・フォートワース、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、メルボルン、シアトル(3月31日から)行き、羽田発がサンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン(JL043便)、パリ行き、関西発がロサンゼルス行きで、いずれも到着前の2食目の機内食として用意する。期間は5月31日まで。

 AIR(エア)シリーズは、従来の機内食では提供されなかったメニューを採り上げるもので、2011年の「AIR MOS BURGER(エアモスバーガー)」を皮切りに、今回で第31弾になる。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:2/21(木) 21:20
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事