ここから本文です

インテル、ロジック底打ちで半導体世界首位に返り咲き?

2/21(木) 20:30配信

LIMO

 半導体市況全体が低迷する中にあって、インテルが好調に売り上げを伸ばしている。2018年通期のトータルセールスは年初計画の650億ドルを大幅に上回る712億ドル(前年比13%増)を見込み、MPUは作っても作っても足りない。

 その要因はパソコン需要が復活してきたことと、サーバー向けCPUの引き合いが強いためである。2019年設備投資は155億ドルを計画しており、既存の14nm世代の追加投資に加え、最先端の10nmに向けた投資を急ピッチで進めている。メモリー分野もニューメキシコ州に3D-Xpoint メモリーの新たな拠点を設立する計画であり、軒並み投資減額を図る大手メモリーメーカーとは対照的な投資スタンスを取っている。

2019年末にはサムスンを逆転する可能性も

 インテルの18年第4四半期売り上げは190億ドルであり、サムスンが20兆ウォンを下回ったことで業界トップの売り上げとなった。こうなれば、2019年末にはサムスンから世界王座を奪還する可能性も出てきたのだ。

 2018年の半導体売上世界ランキングは1位がサムスンの8兆3439億円で前年比16%増となっているが、2位のインテルも同14%増と好調で7兆2448億円となっている。約1兆円の差があるわけだが、2019年の6月または9月ごろまでメモリー不調が長引けば、サムスンの売り上げは伸びない。インテルは堅調に伸びると見られ、サムスンを逆転する可能性を否定できなくなっている。

 WSTS(世界半導体市場統計)の2019年の予想を見ても、メモリーは0.3%減ではあるがマイナス成長となっており、これに対してマイクロ3%増、ロジック3.8%増と、論理系半導体の方が伸びが良いと分析しているのだ。関係者によれば、「昨年10月にロジック半導体は底打ちし上昇に向かっている。だがメモリー低迷の出口はまだ見えていない」という。

 インテルだけではなくAMDも絶好調であり、FPGA系も回復基調、しかしスマホ向けをメーンとするクアルコム、エヌビディアなどはまだまだダメという展開になっている。AMDは先ごろ、7nmプロセスの次世代Ryzenプロセッサーを発表しており、インテル製Core i9と比較し高速で消費電力30%減というその性能が評価され、株価がかなり上がっている。

1/2ページ

最終更新:2/21(木) 21:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事