ここから本文です

将棋 最年少タイトルへの道

2/22(金) 12:10配信

マイナビニュース

最年少記録を塗り替えられるか!?

将棋界において、これまでの最年少タイトル獲得記録は屋敷伸之九段の18歳6カ月。1990年度(平成2)第57期棋聖戦五番勝負で中原誠棋聖(当時)を2連敗後の3連勝で下しタイトルを獲得しました。以来29年、この記録は破られていないどころか、影を踏んだ者もいないという状況が続いています。

しかし、ついに記録を脅かす存在が現れました。

皆様ご存知、藤井聡太七段。年齢は16歳6カ月です。記録更新までの猶予は約2年あります。

ただしプロ棋士は皆、タイトルを目指して日々対局を重ねていますので、獲得はそう簡単なことではありません。事実、デビューから高勝率を維持し続ける藤井七段ですが、まだ1度もタイトル挑戦権を獲得していませんね。

しかし本記事ではそのことを考えず、藤井七段がタイトルを獲得するとしたら最短ではいつ? 屋敷九段の記録は破れるの? といった点を整理してゆきたいと思います。


【ヒューリック杯棋聖戦】
藤井七段がもっとも早くタイトルを獲得するとしたらこの「棋聖戦」です。今期第90期、藤井七段は二次予選の決勝に進んでいますが、決勝の相手は強敵久保利明王将となっています。二次予選が終わると16人による挑戦者決定トーナメントが行われ、例年6月初旬から7月中旬ごろに掛けて五番勝負が行われます。

【王位戦】
例年7月初旬から9月下旬ごろに掛けて七番勝負が行われる「王位戦」。今期第60期、藤井七段は予選初戦で山崎隆之八段に敗れ姿を消しています。猶予が2年であることを考えれば、来期以降のお楽しみ、ということになります。

【王座戦】
前期第66期、藤井七段はベスト4、もっともタイトル挑戦に近づいた棋戦です。今期は前期ベスト4の条件で予選免除。16人による挑戦者決定トーナメントからの出場となります。五番勝負は9月から10月に行われる見込みです。

【竜王戦】
藤井七段が2期連続でランキング戦に優勝、本戦に出場しているこの棋戦。今期第32期はランキング戦4組の1回戦を突破していますが、本戦出場にはあと4勝が必要となります。七番勝負は10月から年末に掛けて行われる見込みです。

【大阪王将杯王将戦】
七番勝負が進行中ですが、新期第69期は一次予選が進行中。藤井七段は3回戦に進出しています。突破すれば6人による二次予選、それにも勝つと挑戦者決定リーグに参加できます。七番勝負は来年1月から3月に行われる見込みです。

【棋王戦】
今期第45期の予選が始まったばかりの棋王戦。藤井七段は予選を2回戦まで勝ち、本戦進出まであと2勝としています。本戦には30人以上が参加、五番勝負は来年2月から3月に行われる見込みです。


タイトル戦は他に「叡王戦」「名人戦」がありますが、「叡王戦」は新期が始まっておらず、「名人戦」は順位戦でA級に上がらなければ手が届きませんのでここでは割愛します。

書き連ねますとどの棋戦もなかなか長い道のりとなっていますが、藤井七段は記録を破ることができるでしょうか。

将棋情報局

最終更新:2/22(金) 12:10
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事