ここから本文です

はやぶさ2がリュウグウ着陸 JAXA会見(全文4完)世界に出せる着陸技術

2/22(金) 16:00配信 有料

THE PAGE

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、記者会見を行い、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」へのタッチダウン(着陸)に成功したと発表した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「「はやぶさ2」がリュウグウ着地へ JAXA管制室の模様をライブ配信」に対応しております。

     ◇     ◇

記者1:ライターの【アキヤマ 01:08:23】です。今回はおめでとうございます。2点ありまして、まず海外からのコメントというか反応といいますか、特にOSIRIS-RExのチームから今日何かコメントがあったかということと、あと今日に限らずこれまで「はやぶさ2」の運用の中で、先方から何か問い合わせ、先輩としての知見を聞けないかというような場面があったかどうかという、もしありましたらそれをお願いします。

津田:まず兄弟ミッションみたいなOSIRIS-RExですけども、普段からよくやりとりはするんですけども、タッチダウンしたあとは、まだ何もやりとりしていませんが、タッチダウンする前はOSIRIS-RExのプロジェクトマネージャの、PIですね、Principal Investigatorというのが向こうではトップですけども、のDanteさんからは成功をお祈りしますということと、向こうにとってもやっぱり、タッチダウンしたときにどれぐらい砂があるか、レゴリスがあるかというのは非常に重要な興味でして、それから狭いところにどうやって着陸させる、着陸点を選ぶ、彼らは全然やり方違いますけれども、それでもやっぱり狭そうだということは分かっていて、あの狭い場所をどうやって探していくかというのは、あとから知見を教えてほしいというふうに相談を受けていました。そういう意味で、これから先いろいろ議論がなされるんだというふうに思います。 本文:7,739文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

THE PAGE プラスの記事一覧へ戻る

最終更新:2/22(金) 16:10
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ