ここから本文です

日本初の世界室内ツアーV 走り高跳びの戸辺直人が凱旋 4月からJAL入社で「とぶ」

2/23(土) 13:16配信

デイリースポーツ

 陸上の世界室内ツアーで日本選手初の総合優勝を飾った男子走り高跳びの戸辺直人(26)=つくばツインピークス=が23日、成田空港に帰国した。今月2日のドイツ、カールスルーエでの大会で2メートル35をマークし、13年ぶりに日本記録を更新し優勝。その後の大会でも3連勝し、無傷の4連勝で総合王者に輝いた。

 2メートル35は16年リオデジャネイロ五輪の銅メダル相当にあたる好記録。オフの期間に技術面を徹底して磨き、踏み切り時の腕の使い方をダブルアーム(両腕)からシングルアーム(片腕)に変更。助走も6歩に固定した。室内の会場ごとにサーフェスが変わる状況にうまく適応し「4試合ともそれぞれクセがあったが、そういう中で安定した記録が出せた。しっかり実力がついてきた証拠かな」と、手応えをつかんだ。

 この日、4月から日本航空(JAL)に入社することを発表。名字が「とべ」で、競技が走り高跳びということで「跳躍選手ですし、『とぶ』という同じイメージがあって航空会社には強い憧れがあった。実際、私、『とべ』ですし、跳んできましたし、飛行機ということでアイコンという意味ではインパクトは強いと思う」と、笑った。

 今後は4月のアジア選手権(ドーハ)を目標に、屋外でのスケジュールを組んでいく。「躍進できた(室内)シーズンになった。この立ち位置を維持して、東京五輪本番でメダル、優勝を目標にこれから頑張っていきたい」と、力強く誓った。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事