ここから本文です

走り高跳び日本新の戸辺が今年4月からJAL入社「これからも名前負けしないように跳んでいきたい」

2/23(土) 13:07配信

スポーツ報知

 陸上の男子走り高跳び日本記録保持者の戸辺直人(26)=つくばツインピークス=が、4月からアスリート社員としてJALに入社することが23日、発表された。欧州遠征から帰国後の成田空港で会見し、「同じ、とぶ(飛ぶ/跳ぶ)イメージのもので、航空業界への憧れもあった。これからも名前(戸辺=とべ)負けしないように跳んでいきたい」と抱負を述べた。

 戸辺は今月2日にドイツ・カールスルーエで行われた室内競技会で、13年ぶりに日本記録を更新する2メートル35をマーク。16年に新設された世界室内ツアーでは日本選手初の総合優勝も達成。賞金2万ドル(約220万円)と来年の世界室内選手権(中国・南京)の出場権を獲得した。

 2メートル35の日本記録は、19年ドーハ世界陸上、20年東京五輪で表彰台が視野に入る水準。次なる目標には2メートル40を掲げ「今年中に出せると思うし、出したいと思う」と力を込めた。

最終更新:2/24(日) 23:32
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事